≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2073位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
258位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

違いが分かる人間 

夏にクリスマスアルバムの他にも数枚レコードを購入していたのでアップです。

どこで見たか、聞いたか忘れたけどプロモ盤はマト番が早いので音質がいいとかいう話。

だからなのか、好きな曲のプロモ盤を見つけると欲しくなってしまいます。

1977年発売のアルバム"PASSAGE"から

Sweet Sweet Smile


STEREO/MONO

マトリックスナンバーは両面とも1

STEREO面はシール二重貼り?うっすらともう1枚シールが見えます。


もう1枚も同アルバムから

All you get from love is a love song


STEREO/MONO

こちらはマトリックスナンバーは両面とも2

MONO面には書き込みあり
IN 5/24/77🤔
'77 5/24の事?でもDD/MM/YYYYの順だろうからまた別?
アルバムリリースは77年9月23日なのでどうなんだろう?

ちなみに、こういう書き込みは気にならない方。
ジャケットに落書きとかは気になっちゃうけど💦

モノラル専用の針がないので普通のステレオ専用の針にてMONO面も再生。
そして、プロモ盤は音質がいいという巷の噂は私にはよく分かりませんでした…。

PASSGE好きで何度もCDで聴いたり、日本盤でも聴いたりしてたけど…音質の違いが分かるレベルまで達してないみたいです。
アルバムと聴き比べていくと分かるのかな?

違いが分かる人間になりたい。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

2017. 09. 07. (Thu) 18:29  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

ツム顔メーカーでカーペンターズ 

似顔絵メーカーなんかで色々作って遊ぶの大好きです、Laylaです。

Jヲタだった頃は時々、当時の担当くんのを作ってそれをLINEのアイコンなんかに設定してました😂
イタタタタ💦

もう2度とそういった似顔絵メーカーに手を出す事はないだろうな~って思ってましたが!!

が!!


ツム顔メーカーとやらを見つけ、普段ツムツムなんてしないくせに作ってみました。


だって、ミッキーだったし👉👈
一度でいいから、やってみたかったんだもん…カーペンターズでも

ああでもない、こうでもない、と言いながら作ったのがこちら



スミマセン、すみません🙇🙇

名前の下の紹介文みたいなのも変更出来たので、色々考えて入れてみたけど難しかった💦

ちなみに、ツムツムする事も出来ます。

割と可愛い…気がする(自画自賛)
インスタのアイコンにしようかな。

調子に乗って、バックバンドメンバーのも全部作ろうと思ったけど、彼で力尽きた😅
はい、ギターの彼🎸


多分、全世界どこを探してもこういう事してるカーペンターズファンっていないはずですよね💦

お目汚し失礼しました。

似顔絵メーカー、けっこう難しいですが作ると楽しいので興味ある方は是非、自分だけのカーペンターズツムツム作ってみてください🙌

自分のツム顔も作ったけど、恐れ多くて一緒にツムツム出来なかった😂

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 09. 05. (Tue) 15:54  [CARPENTERSコメント:-  トラックバック:-

わたしたち、やっぱり世界一! 

「サントリーポップ♪」
余裕で歌えます、Laylaです🙌


最近、入手した切り抜き💗



1977年に日本で放映されていた"サントリーPOP"のCMの切り抜き。
映像は…見たことあるようでないけど、曲は"From The Top"に収録されているので覚えてます。

1ページずつゆっくりと堪能

船での撮影だったので、Richardは船酔いしてたというエピソードが🙊

白トップスのKaren好き❤️

可愛い😆
ブレスレットは74年のローリングストーン誌でしてたやつかな?
そこまで気付く自分にドン引く


バックに流れてたのは"Top of the world"なの?
その辺、曖昧すぎて😅

てか…もっとまともな表情の時を載せてくれよ😭

衣装のワンピは可愛いのに、表情😱
不意打ちショットすぎない?


右側のページもまぁ…不意打ちショットで😂


でもこのKaren可愛い😆

これくらいの時が好き😌

日本の企業CMはサントリーポップの他に、森永ハイクラウンに出演しており、その時のポスターも所持してましたが、引越しの際に破損して現在は手元にないのがとても残念。

なのでこの切り抜きは大事にしよう。


そして、今…私の部屋にはクリスマスソングが流れてます🎄

「サントリーポップ♪」からの流れ(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村


裏見て、お!盛れてんじゃーん!!…あっ違うやつか😅ってなったのは秘密😜

*画像はクリックで大きくなります
2017. 09. 04. (Mon) 21:52  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

心惹かれる事 

7月下旬、地元の美術館で開催されていた星野道夫さんの写真展に行ってきました。



その写真展の展示スペースの最後にとても印象深い言葉が記してあったのを覚えています。

短い一生で心惹かれる事に多くは出合わない。
もし見つけたら、大切に…大切に…


この言葉を読んだ瞬間、真っ先にカーペンターズの事が浮かんだのを覚えてます。

30数年しか生きてませんが、私は人生の半分をカーペンターズと共に生きてます。
15歳でカーペンターズの音楽に出会い、途中離れた時期もありますが、やはり最終的に戻って来る場所でもあります。

短い一生の中でここまで夢中になれる事に出合えた私はきっとラッキーなのかな。

聴けば聴くほど面白くなっていくカーペンターズサウンド。
ボーカルだけではなく、バックの演奏に耳を傾けたり、小さなアレンジや息遣いを聴き逃さないように注意して聴いたり、レコーディングされた頃の2人の心情などを思い浮かべたりetc…まだまだ勉強不足な面がたくさんありますが、カーペンターズ研究は私の一生の趣味なのかもしれません。



これからも大切にしていこう…

2017. 09. 03. (Sun) 20:48  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

ジャケットの内側 

一つの大きな?仕事が終わって一安心のLaylaです。

8月に更新少なかったのはこのせいですって言いたいんですが…更新少なかったのはただサボり癖ついてただけです😅💦

とりあえず、ひと段落したので少し癒されたくて
滅多に聴かないこちらをセレクト



Karen Carpenter復帰後第1作の1976年発表のカーペンターズ7枚目のアルバム

A kind of hush
写真の撮り方いつになったら上手くなるんだろ🙄

こちらもUS盤です。

このアルバムにはリバイバルブームとして大ヒットした"I need to be in love"が収録されています。
この曲はKarenのお気に入りの曲でもありました。
人生のテーマソングだったんだっけ。

私はこの曲は有名すぎて…そこまで…なんですけど、MVは好き。

このアルバムで私が好きな曲を挙げるとしたら、多分もう書かなくも良さそうな気もしますね。
皆さんの予想通りだと思います(笑)

日本盤はどうなってるのか分かりませんが、US盤のジャケット内側はこんな風になってます。



両面にロゴがいっぱい😯🙌🏻

前回手にしてた時はシュリンク付きだった為、ジャケットから取り出した事がなかったので内側まで見ることが出来なかったので、今回初めて見て感動😭

細部まで拘ってあったんだな~って、ジャケットもアルバムの楽しみの一つだったなんていい時代だったんだな。

やっぱり"Boat to sail"の最後らへんのKarenの吐息みたいな"Ahhhh"が好き
そして、その後に続く彼のギターも好き🎸💕

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村



2017. 08. 29. (Tue) 20:13  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0