≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
377位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

記念日特別企画~カーペンターズのCDをファーストから聴いてます~ 

予告通りに、やってますwarai*






35周年ベストの【GOLD】の方が今回のベストよりいいかも、とか、誰の為の40周年なの?とか、何かすっごく納得いかない事が多い40周年記念で、今回の記念日関連にRichが直接関係してるわけでもないのに、Richの考えが分からん、とか、やっぱ、Richムカつくよwwとか思ってたけど、朝からめざましテレビで話してるRichを見たら、やっぱりステキすぎて、ときめいてしまいました。






でも、一番大きかったのは、先日のすごい独り言のような、チラシの裏にでも書いとけ!って感じのブログに、コメントをくださっていたお2人の方の言葉にすごく救われました。






嬉しかったです。


お2人のコメントを読んだ時、嬉しくて涙が出ました。


ありがとうございました。








とまあ、前置きが長くなってしまいましたが、やってますww




【カーペンターズの日】特別記念企画warai*




デビューアルバムから順番に聴いて行く会をww




ちなみに、今は【涙の乗車券】


えっ?まだ?始まったばっかじゃんって感じですが、イケる所までやってみようと思います。






デビューアルバムの中で1番好きなのは【Don't be afraid.】


【I'll be yours】と並んで初期の曲で好きですハート






えへっ、マニアック?






73年バージョンの【Ticket to ride】しか聴いた事がなかった頃、初めて、デビューアルバムに収録されている


【Ticket to ride】を聴いた時、心底驚いたのは今でも記憶にあります。






何で、レコーディングしなおしたのか未だに不明。


Karen自身が、ボーカルが気に入らなかった、とかどこかで読んだけど、全然そんなことないけどね。


むしろ、73年バージョンのより好きなんですけどね、あたしは。








って、これを書いてる間に2枚目の【Close to you】に突入です。








今日は時間が許す限り、書いていくので、お付き合いくださいませきゃはっ





関連記事
スポンサーサイト
2009. 04. 22. (Wed) 08:48  [40周年記念ログコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック