≪ 2018. 01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2018. 03 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1987位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
253位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ファンはアーティストの鑑 

今年の2月、ロングビーチにいる知り合いから「*L.A.Times」*電子版のニュースが送られて来ました。










ええ、ええ、内容読んでビックリですよ。












あの家が取り壊しになるかもしれないって。。。。。。。読んだ瞬間、目の前が真っ暗になった。


ちょうど、JLoの双子ちゃんの雑誌掲載料が6億とかって騒がれてた時期だったから、心底その6億をちょうだいって思ったぐらいwarai*












壊すぐらいなら、あたしが買いたい。


どうして、手放したりしたの?って、リッチに聞きたかった。














でもさ、取り壊し云々っていう風にしちゃったのって、老朽化ってのもあるかもしれないけど、あたし達ファンに原因があるよね。














リッチが手放しちゃった後は、普通の一般の人が住んでるのに、その家にわざわざ行って、ピンポン鳴らして、家の中見せて!なんて言うファンがいて、おまけに、思い出に何かちょうだいピンクキラキラって言うファンまでいるなんて、記事を読んでて信じられなかった。












あたしの知り合いにもいたみたいだけど。
















うん、ごめんね。


あたしも1度だけ、家には行った。
















8年前のカレンの誕生日に。
















夢だったんだ、いつか大人になったらダウニーの家を見に行くって。
















でも、ピンポンなんて押せない。


例え、そこにリッチが住んでたとしても、ピンポンは押さない。


【ピンポン押して、中に入れてもらったら?】って日本語タクシーの運転手さんに言われたけど、


冗談じゃない!って思った。


何言い出すの?この人は??って信じられなかった。
















だって、そこには、その家に住んでる人の生活があって、まったく知らない他人が家の中を見学ツアーさせてくださいって来たら迷惑じゃん。











それに、どんな人が住んでるのかも分からないし、異国の地でトラブルに巻き込まれるのはゴメンだからね。














外から見れただけでも充分満足だった。














家の中を見せて!って言った人の気持ちも分かるよ。


好きなら見たいもんね。














でも、そうする前に一呼吸置いて考えて欲しかった。




逆の立場なら。。。。。。ってね。










これじゃ、ローリングストーンにカレンが語った、危ないファンと同じだよ。。。。。。。。














取り壊しの記事を読んだとき、あたしにも少なからず原因があること、そしてこれは世界中のファンに原因があることが悲しかった。














取り壊し反対運動みたいなのもあったみたいだけど、結局はどうなったんだろうね?


もう、その後は怖くて知りたくない状態。
















自分たちが大好きなCARPENTERSの思い出の場所を、自分たちのせいでダメにする。


それほど悲しい事ってないよ。
















CARPENTERSのファンってヤバいのばっか?って思われたくないじゃん。


いい年して、常識ないの?とか思われたくないじゃん。












前に、台湾アイドルにハマってた時、ファンのマナーが悪くて、同じファンの人が、『ごく一部なんだろうけど、そういう人たち見てると、そのアイドル本人まで嫌いになりそう』って言葉を言ってて、その言葉が今でも胸に突き刺さってる。






ファンを見て、そのアーティストを判断するってのもあるしね。














あたしも、こんなブログ書いてるし、本人に会ったら叫ぶし、テレビ見たら泣くし、今までにないようなファンだと思うから、あんたの存在がCARPENTERSファンにとっては迷惑なの!って思ってる人も少なからずいると思う。


特にリアルタイムからのファンの方には、申し訳ないって思ってる。














もしかしたら、あたしの存在こそが、CARPENTERSのそして、ファンの評判を下げてるのかもしれないって怖くなるときもある。










だから、自覚って必要なのかもね。














このダウニーの家の事、書こうかどうしようか迷ったけど、思い切って書いてみました。


必ずしも、お家の中見学ツアーを実施しちゃったのが、日本人ファンじゃないことを祈ってます。










生意気な事ばっかり書いてごめんなさい。












See youハート








にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
関連記事
スポンサーサイト
2008. 11. 02. (Sun) 16:35  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック