FC2ブログ
≪ 2018. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

Richardインスタやってます! Richard Carpenter Official Instagramはこちら→Richard Carpenter Official Instagram

シングルス1969~1973【MQA/UHQCD】6/20発売
シングルス1969~1973
シングルス1969~1973
posted with amazlet at 18.06.06
カーペンターズ
ユニバーサル ミュージック (2018-06-20)
売り上げランキング: 33,164

CARPENTERS〜Vinyl Collection発売中
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337


THE CARPENTERSは49年目も進行形です。
2019年デビュー50周年を迎えます。
2018年11月3日〜長崎県西海市大瀬戸にある"音浴博物館"にてカーペンターズデビュー50周年記念展第1弾開催致します。詳しくは音浴博物館FBまで
音浴博物館さんのFBはこちら→音浴博物館FB

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
184位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アルバムHorizonジャケ写の謎 

昨日ブログ巡りをしていた所、様々なレコードに関して書かれているブログがあり、カーペンターズのカテゴリーがあったので早速拝読。

カーペンターズに関して書いてあると興味深く読んでしまいます。
新たな発見があったり、忘れていた事を思い出したりと。


そんな中でそのブログの管理人さんが記されていた、アルバム"Horizon"ジャケ写の2人について。

"Karenはうつむき加減で、Richardも笑ってない"

このアルバムのジャケ写ですね↓

また間違い探しレベル

確かに2人とも憂いを帯びた表情。
あまり詳しくない方々から見ると、いつも笑顔でニコニコ爽やか~なカーペンターズに何が⁉️と気になってしまうのかな?

このアルバムジャケ写はRichardのアイディアによるものです。
一時期、Richardは笑わないキャンペーンをやっていた事があり(厨二病かいな...)、このアルバムジャケ写もそのキャンペーンの1つでした。

いつもニコニコしていて健康的な中産階級のアメリカ人、真面目で潔癖、といったワードがカーペンターズの主なイメージだった、と当時の資料によく書かれています。
でもそんなイメージを彼らは打破したかった、そんな意図が見え隠れするのがこのジャケ写。

また、このアルバム"Horizon"のレコーディングは決してお互いに完璧だと言える状況下ではなく、"雰囲気的にこういう感じたった"からとの事。

1975年と聞くと、私は真っ先にKarenの体調の事を思い浮かべます。
1974年の後半から始まったダイエット、それが本格的になりだんだんとエスカレートしていった時期。
Please Mr.PostmanのMVとOnly YesterdayのMVの差...。
あまりにもツラくて目を背けたくなってしまうけど、Only YesterdayのKarenはとても儚くそれでいて魅力的であるのがなんとも言えない感情を引き寄せます。
Please~で見せたあどけない少女の様な表情からは一転した大人の女性の色っぽさ。
同性なのに私はこの時のKaren Carpenterにどうしようもなく惹かれてしまう。

Karenのダイエットと比例するかのように、この時期はRichardもスランプに陥っていました。
後のインタビューでRichardは「アルバム1枚作るに十分な素材がなくて苦労した」と話しています。

収録曲に関するインタビューを読んだ感想としては、ああ、やっぱり作り手の気持ちはアルバムに反映されるんだな、という事を改めて実感。
「もう飽き飽きしてる」とRichardが言ってくれてた事で救われている私もいるし、一番気になっている曲の事を「いい曲だ」と言ってくれてたのが嬉しい。
「アルバム全体に当時の僕の気持ちが反映されてる」とあるのを読み、少しだけ自分の気持ちを肯定された気分になってます。
長年燻っていた感情がこれでうまく浄化出来そう。

カーペンターズの2人が身体の血を絞り取られるような思いで作りあげた1枚、Horizon
ビルボードチャート最高13位

この結果を当時の彼らはどう受け止めたんだろう。
インタビューする機会があれば聞いてみたいな...。


関連記事
スポンサーサイト
2018. 06. 29. (Fri) 08:58  [CARPENTERSコメント:2  トラックバック:0

コメント














 

こんにちは

拙ブログへのコメントありがとうございました。

数年前に書いた物へのコメントで驚きました。
私の場合はTOMOKOさんと違って、ごく浅い知識と
レコード自慢にとどまっているだけで、中身がなくお恥ずかしい限りです。1973年と1974年の間違いはライナージャケットの解説をそのまま拝借しただけで、検証もしていません。申し訳ありません。

それにしてもTOMOKOさんはカーペンターズだけを10年に渡って取り上げているのですから、驚きを禁じえません。

私も今日まで9年間、何度も挫折しながらよたよた来ましたが、いつも取り上げる材料に苦慮しています。

過去記事もじっくり読ませていただき、勉強させていただきます。
2018. 06. 29. (Fri) 09:48 mikitaka08 [編集]

Re:mikitaka08様へ 

こちらこそ、ご訪問とコメントありがとうございます。

>数年前に書いた物へのコメントで驚きました。
コメントしようか迷ったのですが、とても興味深い記事だったので思わずコメント残してしまいました(;∀;)

最近になってレコードの勉強を始めたので他の記事も後ほどゆっくりと読ませてください。

>それにしてもTOMOKOさんはカーペンターズだけを10年に渡って取り上げているのですから、驚きを禁じえません。
ブログを始めたばかりの頃は色々と再活動の動きもあったのですが、すぐに立ち消えになり私も別の事へと興味を持ったりと空白期間が多いブログですが、そう言って頂けて嬉しいです。
ありがとうございます。
2018. 06. 29. (Fri) 11:58 ToMoKo [編集]

トラックバック