≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3560位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
405位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

OfferingとTicket to ride 

OfferingとTicket to ride
収録曲はほぼ一緒ですが全くの別物と思ってます、Laylaです。

一つ前の記事のレコードについて、Shop側に返品の連絡を入れてみました。
"Offering"のタイトルとジャケ写だった為購入に至った経緯を記入して送信。
どう考えたって、特記事項2の部分は注文確認メールにしか記載されておらず、商品購入ページには書いてなかったのでこちらの確認ミスではない気がして…。
落ち着いて考えれば、この世の中に1050円で買えるOffering"が存在するわけないんだけど、どうも納得いかなくって。

返信メールが届き、なんだかな…という気持ちが更に強くなりました。

"Offering"と名乗っていいものはこれだけだと私は認識しております。

この向日葵持ったくそダサいジャケットこそが正真正銘のカーペンターズのデビューアルバム"Offering"

後にジャケット差し替えで販売されたこちら

これは"Ticket to ride"

商品番号?カタログ番号は一緒だけど全くの別物


なので返信メール見た瞬間、愕然とした

ちーがーうー!!

ちがうだろーー!!!
特記事項2に記載したってあるけど、注文確定後だから"2NDジャケ"って判明してもキャンセル出来ないじゃん。

確かにファンじゃない人から見れば"同一作品"かもしれない。
ジャケ写違うだけだもんね。
いや、タイトルも違うわ。

でもプレス数や思い入れが全くの別物。

収録曲一緒だけどタイトル違うし、このLPを販売する場合はタイトルを"Ticket to ride"にするべきだと私は思ってる。
その旨も書いたのにそこはスルーされた模様。

ここまでくると返金云々ではない。
"Offering"の画像とタイトルでオクに出して発送したのが"Ticket to ride"だったら間違いなく返金だし、もちろん評価は悪いにされる。

今回の件はそれと似たようなものだと思ってる。
落札後の取引連絡で"セカンドジャケット(Ticket to rideだから)なんて言われてるようなもの。

めんどくさい客、ファンだとは重々承知です。
でも本当にこればかりは残念で仕方ない。

すでに"Ticket to ride"は所有しているし、今回は"Offering"として購入したのでこれは返品する事にしました。
お金はいらないので、もう少しきちんと商品説明等をして今後は販売して欲しい。

大手有名shopだからというだけで、破格のOfferingに何も考えずに飛びついた私も悪いんだけどさ。

通販、特にレア盤を買う際は慎重にならないとダメって事ですね。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2017. 07. 17. (Mon) 20:51  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック