≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3560位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
405位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ソロアルバム発売から20年 

インスタからあちこち飛んでたら、Karen Carpenter's solo album 20th Anniversaryを発見🙌

すっかり忘れてた…
去年の9月で20年も経ったのか…

Karenのソロアルバムがリリースされたのは1996年9月11日


客観視すると年季入ってる💦

私が高校1年生の時にリリースでした。
カーペンターズが大好きになってまだ1年未満の頃で、Karenの本を読んでソロアルバムの存在を知った私はその年の七夕の短冊に恥ずかしくもなく

Karen Carpenterのソロアルバムが聴きたいです

ともう一つ

カーペンターズのコンサートに行きたいです
と書いたなぁ。

それから約2ヵ月後にめざましテレビでソロアルバムリリースの告知、武道館ライブ発売の告知があった時はもう天国だった。

当時のメモ(Karenが好きなミッキー柄)

Rich's solo albumは97年リリースのやつ。
一つ一つの情報が本当に嬉しかった。


地元のCD屋さんに予約して学校帰りに買って帰って、ドキドキで聴いてた。
Karen良かったねって手紙書けば良かったな。
そういえば、ソロアルバムの感想を伝えた事がない😨💦
Rainbow connectionの感想ならダラダラと書いて送ったのに。

どうせならソロアルバムで全部のソロ曲を初聴きすれば良かったんだろうけど、私が初めて聴いたKarenのソロ曲はインタープリテンションズに収録されていた"If I had you"でした。
とにかく衝撃だった。
なんて大人っぽいんだろう!って。

"If I had you"の後では子供っぽく思えてしまえて、しばらく"Please Mr.postman"が聴けなかった。
それぐらい衝撃だったな。

ちなみに、ソロアルバムの中で好きな曲は"Still crazy after all these years"と"Last one singin The Blues"
この2曲を聴く時だけはNYでのKarenを思い浮かべる。

当時は残念な結果になってしまったけど、時が経ってでも日の目を見る事が出来て良かったね、Karen。
でも自分の目でCD化されたのを見て、自分でプロモーションしたかったかな。

そしてレコードプレーヤーを手に入れた今、私はこの"すげぇ最高"なソロアルバムをアナログ盤で聴きたくて仕方がない。

お兄様…お願いします!!←

Richardの2枚目のソロアルバムからも20年!!
そろそろ3枚目を…
こちらもお兄様…お願いします!!!

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2017. 05. 20. (Sat) 18:33  [Karenコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック