≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
358位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Goodbye to Love 

最近入手したこちら!


"Goodbye to Love"のUSオリジナルのEP

ギターソロがオリジナルで聴きたくて購入。
UK盤ではなくUS盤で欲しかった。
これ色々なバージョンを聴き比べて行ったら面白いだろうな…って考えてたらすでに過去にそういうのを書いていた。

聴き比べたいの!(2009/3/15)
約7年前…きっとアメブロ時代の記事。
文字打ちやら絵文字やら…今見るとなんとも言えない気分になる😧💦

レコード買うまですっかり忘れてたけど、やっとその聴き比べのスタートラインに立てたかな🤔
と言っても、手持ちは少ないけど。

そもそも聴き比べてみて違いが分かるのか…という不安が(笑)
でも一応、LPとCD、UKとUSの違いみたいなのはどうにか分かったと思う(小声)
大したシステムも持ってないくせにって怒られそうだけどUSオリジナルの方が好き。

Tonyのギターを聴き比べる為だけに集めるって変な話だけど最後の8拍×2終わった後からのギターソロが本当に大好きで実際に曲を流しながらここのポイントが一番好きな部分!等と語りたい(聴いてるだけでは譜割とか分からないので…)

最初の頃は物悲しくて暗い苦手な曲だったけど、76年からアレンジされたメドレーを聴いて、ライブバージョンを映像で見て以来、これってなんて素晴らしい曲なんだろう!って苦手から好きに一転した1曲。

ライブでのギターとドラムスとボーカルが融合して盛り上がった瞬間は最高にロック。

この曲にギターソロを入れたのは新しい試みだったみたいで、カーペンターズっぽくない(実際にこれは現代において私も言われた事があって、Tonyのギターがあるカーペンターズが当たり前だったから心底驚いた)、ロックに魂を売った、等という批判もあったようだけど当時のRichardとKarenの判断は正しかったし、何よりもTonyのギターが入った事によって曲の方向性やアレンジが広がって行ったようにも思える。

別な所から見ると、真面目で潔癖なカーペンターズのイメージを自ら壊していきたかったってのもあるのかな。
時々、私はそういうふうに考えずにはいられない。
そういう意図があったのか無かったのか今となっては分からないけど、Tony Pelusoに出会わせくれた2人に感謝!

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2017. 05. 19. (Fri) 11:24  [Tony Pelusoコメント:4  トラックバック:0

コメント














 

US盤オリジナルが良いのは、レコード化するのに
オリジナルマスターテープからカッティングしてるので
一番良い音をLP化できるからです。当時はデジタル音ではないので本国以外の国にはコピーのテープが各国の
レコード発売会社に送られてましたから。日本はコピーのその又コピーが来てたみたいです。USアーティストはUS原盤がUKアーティストはUK原盤が一番音が良いと
コレクターの方は通説となってます。LP初盤が高価なのはそこからきてます。
2017. 05. 19. (Fri) 12:55 ララキラリ父さん [編集]

Re: ララキラリ父さんへ 

日本にはコピーのコピー!!
それは初耳でした!
てことは、カーペンターズはアメリカ盤のマト1やプロモ盤がいいんですね。
マト1やプロモ盤は時々ビックリするお値段になっちゃってる事あって、ほぼ静観状態で…予算オーバー(´;ω;`)

調べれば調べる程、レコードは奥深いですね
2017. 05. 19. (Fri) 19:06 Layla [編集]

 

マニヤなるとさらにUSの各場所のプレス工場で音質が違うとか凄い世界になってます。総じてプロモ盤が最初の
プレスLPなので一番原音に近い音となってるそうです。
ディスクユニオンのプロモ盤は結構なお値段となってます。
2017. 05. 20. (Sat) 13:14 ララキラリ父さん [編集]

Re: ララキラリ父さんへ 

やっとマト番を見れるようになった初心者なので、プレス工場での音質の違いがある、という世界に驚いてます:( ;´꒳`;):
今までプロモ盤はスルーしてましたが、今度から見かけたらチェックしてみます(`・ω・´)

FBでカーペンターズのレコードなら割とお手頃で手に入るよ!って言われた意味がやっと理解出来てきてます。
レコードの世界凄い
2017. 05. 20. (Sat) 17:44 Layla [編集]

トラックバック