≪ 2017. 05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 07 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
951位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
145位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Johnnie B.goode 

FBで訃報を知りました。
失礼ながら、お名前を聞いただけではピンとは来ず、代表作のタイトルを見て、ああ~!!となりました。


ファンでもなければお名前も存じてない方なので記事にするのは申し訳ないかな…とも思いましたが、少なからず私の人生にも影響があった曲なので記事にしてます。

チャック・ベリーの代表作1958年発表【Johnnie B.goode】この曲を初めて聴いたのは、1996年発売カーペンターズの【ライブイン武道館】でした。



ライブの後半、オールディーズメドレーの最後を飾るこの曲。
リードボーカルはバックバンドメンバーのDoug Strawn
KarenはCubbyと一緒にドラムス担当。

とてもノリがいい曲で、汗だくになりながら首を上下左右に振りながら楽しそうにドラムスを演奏するKaren。


バックバンドメンバーのBobとTonyの見せ場もあり、盛り上がりが最高潮に達する1曲。
カーペンターズは2人ですが、バックバンドメンバーも含めたツアーメンバーでの【カーペンターズ】だと思わせてくれる曲。

私はこの曲が大好きでもあり、聴くととても切なくなる。
ああ、もうコンサートも終わっちゃうんだなって、寂しくなる。
いつもこの曲を見終わってストップしてた。


Karenみたいに演奏出来るようにドラムスを練習した曲。
そして、一緒に首を上下左右に振った曲(TVの前でね)
私が今でもノリがいい曲でヘドバンみたいなのをやってしまうのはきっとこの影響。
Karenは私の人生に良いことも悪い事(?)も影響を与えてくれた存在。

そんな楽しそうなカーペンターズの映像は現在発売中のこちらのDVDで見れます。


となんだか宣伝っぽくなってしまいましたが、チャックベリーがこの曲を発表していなければ、カーペンターズがコンサートでカバーする事はなかったし、私もこの曲に出会う事もなかった。


亡くなるとファンが増える、などと言われていますが本当だな…と思ってしまいました。
昨日までチャック・ベリーの名前さえ知らなかった人間がこうやって記事を書いているんだから。


今年、アルバムを発表予定だったとの事でご本人さまもファンの方も残念だっただろうな、と思います。

チャック・ベリーのジョニーBグッド



改めて、チャックベリーさんのご冥福をお祈りします。
こうやって偉大な音楽家がいなくなる事は寂しいですね。

関連記事
スポンサーサイト
2017. 03. 19. (Sun) 18:33  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック