≪ 2017. 05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 07 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
951位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
145位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

2度目の音浴博物館 

小中高生の時、長縄跳びが大嫌いでしたLaylaです。
最初から大人数で飛ぶのは苦じゃなかったんですが、回ってる縄の中に入って1回飛んで出るやつ…あれは地獄でした。
多分、私が今でも高速やバイパスの合流ポイントで手こずるのは長縄跳びが苦手だからだと思ってます(笑)


またまた必死な形相でバイパス通って行ってきました!

ここに❤️


長崎県西海市にある音浴博物館。
前回の記事はこちら

前回は行く途中で迷ったけど今回はバッチリ!
朝8時に家を出て、開館時間丁度に現地着。

今回はイベントホールにて2枚のアルバムを楽しませて頂きました。


スピーカーがいっぱい。

まず1枚目に選んだのは1972年リリース
カーペンターズ4枚目のアルバム
【A song for you】



このアルバムはこちらのスピーカーで聴きました。

2番のスピーカー
1973年のダイヤトーン36

カーペンターズと同じ時代のスピーカー。

私の語弊力では限界があるのでどんな音質だったのかという説明は省きますが、素晴らしかった。
もうCDじゃ聴きたくないって何度も言ってたw
ちなみにこのスピーカー、当時のお値段で5万円程だったそうです。

次に選んだのはこちら
1975年リリースカーペンターズ6枚目のアルバム

【Horizon】
これは前日にCDで聴いてて、絶対聴きたかった1枚


3番のスピーカー
1977年のテクニクス
当時の値段で9-10万円

6台聴き比べ出来るスピーカーで私が一番好きなスピーカー。
音が本当に凄かった!聴き比べの時点で、2番か3番のスピーカーが好きだなって迷ってたけど3番に惚れました。

この曲をセレクトするあたりw
(iphoneの動画だから良さが伝わらないかな…)

2枚再生し終わった時点でまだ時間あったのでもう1枚…

1971年リリースカーペンターズ3枚目のアルバム
【CARPENTERS】
日本盤は初めて見た👀

見開くとこうなってる事に感動

こちらは1番のスピーカーで

1985年のダイヤトーン2000
当時のお値段で17万円😳

SupestarがSupestarじゃないみたいだった。
今まで聞いてたSupestarは何だったんだろう⁉️って衝撃的だった。
もうCDでは聴けないかもしれない。

イベントホールでのプレイヤーとアンプ


Supestar終わった頃に他の来館者さんと交代。
約2時間はイベントホールを独占してた人←

この日の目的はLP試聴の他にもレコードプレイヤー購入について相談したかったので、場所を移動して購入迷ってる機器について色々教えて頂いたり、実際にそのプレイヤーで再生してもらったり、手持ちのコンポとの接続方法を教えて貰ったり(難しく考えすぎて困らせてしまった人)。

入口付近にあるプレイヤーでEPを再生して貰い、【I won't last a day without you】のギターアリかナシかバージョンで火がつき、熱くTonyについて語り始める私(笑)

他にもカーペンターズはボーカル以外ももっと評価されるべきなんです!とか語った😂
何目線w

色々とカーペンターズについて話して、最後に【Goodbye to Love】を聴いてこの日は終了。
この日だけで【Goodbye to Love】を3回聴いた🎧🎶💕
どんだけw

帰りは道間違えて、より一層必死な形相で帰ったというオチつきの今回でしたが、音浴博物館で過ごした時間は楽しくて癒しでした。
家でもアナログ盤を聴きたい思いが一層強くなったけど、まずは手放してしまったLP盤を集め直さないと😭

とりあえず、次回行くまでに【Live in London】のLPを手に入れたい!
これを持って行って聴きたいー!!


ギターソロとKarenのボーカルとドラムスが融合したあの瞬間をお気に入りのスピーカーで聴きたい!
絶対最高なはず❤️

しつこいようですが、長崎県にお越しの際は是非【音浴博物館】へ

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
2017. 03. 19. (Sun) 16:31  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック