≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
4145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
453位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

KarenのBDに関して起こった少し不思議な事 

スピリチュアル系の内容を含みますので、苦手な方はここでバイバイ。

読んだ後での誹謗中傷はご遠慮ください。

ただの偶然かもしれないし、結果論に過ぎないのかもしれない。
でもそんな簡単な言葉では片付けられない不思議な出来事が時々カーペンターズ関連では起こります。

そもそも、私自信がカーペンターズとの、Karen Carpenterとの出会いが運命だったって信じてるタイプのお花畑だからどうしようもない。





上の2点は今年の3/2にKarenに送った物。
ミッキー型のバースデーカードとプリザーブドフラワーのアレンジ。

ミッキー型のカードは開くとこんな感じ。

Karenが大好きな物が詰まってるカード。
誕生日にカードを送るのは久しぶりで、なんて書いていいのか迷った挙句に書きたい事がたくさん出てきて最終的には無印の便箋にも書いてた。
もはやただのファンレター(笑)


そして、今回のBDプレゼントのメインでもあるプリザーブドフラワー


KarenへBDプレゼントを送ろうかどうしようか本当に悩みました。
亡くなった方のBDをお祝いしてもいいものか(今さらって話だけど)、プレゼントを送ってもいいんだろうかって。
なので買い物に出掛けた当日もウダウダ悩んで、途中で引き返したりの繰り返し。

そんな時に普段は気にも止めない1件の花屋さんが気になり、寄ってみようかどうしようか悩んでるうちにあっという間に通過。
別のお店であれこれ選んでみるもピンと来るのがなく、もう送らないでもいいかな…と思いつつ家に帰ろうと思ったけど、やっぱりあの花屋さんが気になり、結局また移動。

しかし、また通過w
再びUターンしてやっと気になった花屋さんへ到着。

3度目の正直にてやっと。
お店のドアを開くと、なんか聴きなれた声とメロディ。
でもどうしても曲が思い出せなかった。
収録されているアルバムは分かるのに、タイトルが出てこない。
「NOW」だっけ?いや、違う「Make believe it's your first time」だっけ?いや、違う。
でも「Voice of the heart」の中の曲なんだよな~…と頭の中で曲を思い出しつつ、プレゼント用のアレンジをオーダー。


希望の色を聞かれた際、迷う事なく「イエロー系」でお願いしたのはきっと私の中にあったKaren Carpenterのイメージがイエローだったから。
明るくて暖かい、そんなイメージ。
イエローにも色々あるし、見る人によっては暖色にも寒色にも見えちゃう、まさにそんな感じ(どんな感じかサッパリ分からないけどw)
だから、BDに作った画像もイエロー系。
Jヲタ抜けきれてない加工だったけど。



たくさんの人を笑顔にさせる暖かい人(会ったことも話した事もないけど)
でも時々寂しげな部分を隠せないでいるから、ダークイエローにも見える。

色もKarenの表情もその日の感情で違って見えるだけなんだけどね。

アレンジを待ってる間にタイトルを無事に思い出し、これで次もカーペンターズだったら笑うよな~って思ってたら、本当に次もカーペンターズの曲が流れて来て、ちょっと震えた。

後に、曲順でググったらどうやらベスト盤だった事が判明しお会計の際にでも「カーペンターズすきなんですか?」と聞けば良かったかな…と後悔。


ここまで書いておいてなんだけど、最初に流れてた曲はKarenと私だけの秘密に🙊
アルバムタイトル出したから分かる人には分かるはず。
それに我慢出来ずに濁して書いた事があるので、似たような話を目にした事ある人もいるかも。

書いてて大した事ないなって思えて来たけど、以上、Karenがプレゼント送っても大丈夫だよ!お花がいいなってリクエストしてきたみたいな出来事でした。

相変わらず頭の中お花畑だなって我ながら思います。
でもその事が起こったおかげで、私は自分の夢を見つめ直す事が出来るきっかけになりました。

一生叶わないかもしれないし、叶うかもしれない。
私は自分の人生が終わる時までそれに挑戦していく。

67歳のKarenにも会いたかったな…

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

2017. 03. 21. (Tue) 21:52  [Karenコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック