≪ 2017. 03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 05 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファンですが、カーペンターズを愛する気持ちは誰にも負けません。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

R.Carpenter氏の来日公演希望の署名について
日本で、もう一度、Richardの演奏を聴いてみたい。 是非、日本で来日公演を実現して欲しい。 お願いします!この声がRichardに届きますように。

2009年12月31日をもちまして、署名の受付を終了いたしました。 ご協力いただた皆さん、ありがとうございました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。 blogram投票ボタン

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
919位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
135位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

All those years ago 

水没しても元気に動いてたsonyのウォークマンが残念な事についに・・・動かなくなったため、思い切ってipod tuchを購入してみました、Laylaです

2011052117330000.jpg

ちなみに、名前は【karenchan】
田舎住まいなので、街中でネットに繋げたりすることがないので、ここまでハイテクなのじゃなくても良かったかな?と思いましたが、気に入ってます



で、早速、この【karenchan】にいろいろ曲を入れて行き、シャッフル再生してみたところ、Richardの2ndソロアルバムに収録されているある1曲の所でストップ。

その曲とは【All those years ago】
こんな曲あったのか・・・?と思ってしまいました、すみません。



Richardの1stソロは前のウォークマンにも入れてて、よく聴いてたんですが、2ndは本当に1年に1回聴く程度で、しかも耳に残るのは大好きな【Karen's Theme】だったり、カーペンターズ時代の曲だったりするので、本当にこの曲印象に残ってませんでした。
いや、忘れてただけ?


そんなんだからか、何だか久しぶりに新曲を聴いた気分に浸れました。

この曲、Karenのボーカル入りでもあるのかと思い、検索したけどないんですね(泣)
で見たら、karenボーカルじゃなかったのですぐに閉じちゃいました。

やっぱり、Laylaの中でRichardのピアノに合わせて歌えるのはたった一人、Karen Carpenterだけです。



で、その【All those yeras ago】がいいきっかけとなり、Rich2ndリピートしまくってます。
そして、改めてクレジットを見たら、いろいろと発見があり、いい勉強になりました。

Karen存命じゃないにしても、ちゃんとクレジットを見なさい!って事ですね、はい。


インストゥルメンタルのアルバムなのに聴いてて飽きがこず、ボーカルなしだけどオリジナルのカーペンターズの曲のイメージを壊す事なく新たなカーペンターズの魅力を引き出してくれてるこのアルバム、私はもっと評価されてもいいんじゃないかな?と改めて思いました。



諦めかけてた夢をもう一度頑張ってみようと思わせてくれた【karenchan】
適当に浮かんで【karenchan】って設定したけど、これで良かったかも(笑)

ちなみに【Karen's Theme】以外ではメドレーがお気に入り。
特に【Look to your dreams】の歌詞でいくと「Future」って部分の一番盛り上がる所がすごくお気に入り。
かなりの聴かせ所だと思ってしまい、頭の中には細いタクト一本でオーケストラをまとめあげてるRichardの姿が浮かんできます。



まだまだ日本にはRichardの生演奏を待ってるファンがいますので、是非、来日公演を実現させてください。
実現するまでお願いしまくりますので、覚悟しといてね、Richard



see you


関連記事
スポンサーサイト
2011. 05. 21. (Sat) 18:26  [Richardコメント:-  トラックバック:-