≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
360位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

久しぶりにファーストから 

来月4日発売のJennifer Lopezのアルバム「LOVE?」2枚買います、Laylaです
1枚は国内版、もう1枚は輸入盤のデラックスバージョン
同じCD2枚もいらないけど・・・デラックスバージョンにはヤられましたw
特典つけて何枚も買わせるような商法嫌いだけど、今回は許せます(笑)

ブリちゃんのアルバムが個人的にはキツかったので、JLoには期待しまくりです



今月22日はカーペンターズの日です
ちょっとした事を考えてたりもします。80%の確率でうまくいかない予定ですけど、完成したらブログにUPする予定なので楽しみにしておいてください。


てなことで、久しぶりにファーストアルバムから聴き返し、なんだったら1曲ずつ曲のレビューも書こうかな?と思ったんですが、素人のレビューをダラダラ読んでもらうよりも(自分がそういうの嫌いなタイプなので)、曲の解説なんかはRichの言葉が全てだし、曲を聴いてもらったら良さが分かるので書かない事にしましたw


カーペンターズのオリジナルアルバムはデビューアルバムの【Offering】からKaren亡き後にリリースされた【Lovelines】まであり、他にも2001年の夏にリリースされた【As Time Goes By】がありますが、Laylaが普段聴くオリジナルアルバムというのが・・・ほぼ中期から後期にリリースされたアルバムばかり。

【Passage】、【Horizon】、【A Kind Of Hush】、【Made In America】の4枚(順不動)で、この中でも【Passage】のリピ率は異常な程です。


デビュー前の曲で気に入ってるのはBOXセットのCDから単発で聴く事はあるんですが、デビュー初期のアルバムは年に1回聴けばいい程なぐらいです。
なので、今、本当に久しぶりにファーストアルバムを1曲目から通して聴いてますが、めちゃくちゃ新鮮です。

あっ、こんな曲もあったよね!的な懐かしい気分になれる。


忘れかけてた何かがこのアルバムにはある、そんな気がしてなりません。

14曲中10曲はRichard作曲で、カーペンターズサウンドの原点がこのアルバムには詰まってる。
あっ、この曲好き。このメロディ好き、そう感じたのは全てRichardの作曲した曲。
何度も言うけど、それが全然同じ曲に聴こえない不思議。
やっぱり、Richardは最高のメロディメーカー。

Karenが叩いてるドラムスを意識して聴くことにより、Karenを感じる事ができ、Richardのソロパートにくると、頭の中に彼の指使い想像してしまう。
中期~後期のアルバムのような安定した歌声はこのアルバムにはないけど、とても落ち着ける。


それに、やっぱり二人の掛け合いは最高。
『What's The Use』のサビ部分とか、Richard、Karenどちらもリードボーカル、バックボーカルができて、お互いに引き立て合ってる所が私は大好きです。


『Ticket to ride』は、73年のアレンジバージョンの方がどちらかというと印象が強いけど、私はこちらの方が好き。
シンプルな中にKarenのドラムスが上手くアクセントとして響いてるから。

CDの裏ジャケに書いてあるハーブ・アルパートの言葉の出だし『Music is simple magic』の言葉が本当にピッタリ。



唯一つ!言うとするなら・・・歌詞カード(ライナーノーツじゃなくてブックレットの中のね)とクレジットが欲しい!!
何度か書いてるけど、私はクレジットを見るのが好き。


『ほとんどの人はクレジットは見ないでしょう』みたいな事をKarenは言ってたようですが、クレジットちゃんと読むファンいるのよ。
好きなファンいるのよw


クレジットを読んで、好きなメンバーが参加してるのかどうか確かめるのが好きだし、Karenがドラムスを叩いてるのかどうかを確認するのが好きだし、何よりも・・・プロデューサーとアシスタントプロデューサーの欄に二人の名前が書いてあるのを見るのが一番好き。

なぜなら、二人が作り上げたアルバムだって事を実感できるから。

デビューアルバムから【A song For You】まではプロデューサー欄違うけどね。





うん、前にも書いたけどやっぱりこのアルバムは【Offering】のままの方がピッタリだと思う。
どことなく神聖な感じがするカーペンターズのデビューアルバム。
【Offering】改め【Ticket to Ride】には一般的に知られてるカーペンターズの魅力以外の魅力がたくさん詰まってるので、もっともっと深くカーペンターズを知りたい方にはお勧めです


やっぱりカーペンターズの二人ってすごい最高!いえ、すげぇ最高


see you
関連記事
スポンサーサイト
2011. 04. 12. (Tue) 20:24  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:-

コメント