≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1074位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
138位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Richとt.A.T.uの意外な関係 

先日、sonyのウォークマンを水没させてしまいました・・・Laylaです
慌てて引き上げてもうダメだろうな~と思いつつ、電源入れて再生してみたところ、何一つ変わらずに動き、再生できたことにかなり驚きました。

今使ってるのは2GBの細長いタイプなので、買い換える予定だったんですが、これを機にもうしばらく使ってみようと思います。



yahooのニュースで久々にこのグループの名前を見て、ものすごく懐かしくなりました。
それと同時に、え!まだいたんだ!!!!!と驚いたのも事実。



アルバム持ってましたよ、デビューアルバム。
持ってたくせにたった1曲しか聴かなかったw

そう、ロシアのガールデュオ
【t.A.T.u】

解散するみたいですね。
解散してなかったことに驚きで、まだ芸能活動してたことにも驚きなんですけど。



そして、なんとt.A.T.uの2ndアルバムにRichard Carpenterがストリングスのアレンジで参加していたこと思い出し、ものすごおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおく驚きました(笑)



wikiでt.A.T.uの事を見ていたら、最後の方のスポット参加という所に見慣れた名前発見。

以下、wikiからの引用
リチャード・カーペンター(Richard Carpenter)
1946年10月15日、アメリカ生まれ
カーペンターズにてボーカル、作曲、アレンジなどを担当していた。t.A.T.uのセカンドアルバム「デンジャラス・アンド・ムーヴィング」では、「GOMENASAI」という曲のストリングスアレンジを手掛けた。



忘れすぎてて、同一人物か何かのネタなの?と思ってしまったぐらいw

でも、これ同一人物でもネタでもないんですよね。2005年の話だから、たぶん私このことをリアルタイムでMLに投稿したか、MLで見たように記憶してます。




Richがカーペンターズ以外のアーティストと組むのはあまり(というか全然だけど)好きではないんですが、もうこれなら笑って許せます。
むしろ、「ねえ・・・なんでt.A.T.u.なの?この曲が日本語になってる経緯とか知ってる?」とRichardに聞きたいぐらい。
ストリングス部分のアレンジ担当だから、日本での騒ぎを知らなくてもいいけど、ちょっと気になるw



で、せっかくなので聴いてみましたで。

ストリングスの部分だけ意識して聴いてみたところ、Richardの仕事を感じる事が出来、ホっとしました。
丸ごと1曲聴くには耐えれなかったので、30秒ぐらいで止めたけどw




それにしても、このグループとカーペンターズの意外な繋がりを思い出させてくれた、今回の解散のニュース。
最後の最後まで驚きをありがとう、t.A.T.u.って感じですね。
たぶん、1週間後には忘れてると思うけど



see you
関連記事
スポンサーサイト
2011. 04. 07. (Thu) 18:46  [Richardコメント:0  トラックバック:-

コメント