≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
4145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
453位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

誕生日に戻って来てくれたKarenちゃん 

先日、Tonyの写真を探してたら、気付いてはいけない衝撃的な事に気付いてしまったLaylaです

衝撃的なことは、Tonyに関係する事ではなく、Karenに関係すること。
それがそういうファッションならまだしも、ちょっと・・・これは女としてどうなの?とツッコミたくなってしまいました。
人のこと言えないけどw
しばらくの間、その写真から目が離せず、その日やろうとしてた事さえスムーズにいかなくなりました\(^o^)/
いや~・・・今も昔も海外セレブのファッションには驚かされますね。



久しぶりにお宝紹介のコーナーです。
いろいろ買い戻してたり、まだ紹介してないのがあったりするんですが、他カテゴリーで書きたい事が次から次に浮かんできてたので、なかなかこのコーナーを更新できずにいました。


でも、再び3冊揃ったのでその記念に更新です



今回、買い戻したのは、こちら。
2011030510320000.jpg

1983年2月21日号のPeople誌。

ビニール袋に入れて送られてきたので、開封しないでおこう・・・開くと辛すぎるからって思ってましたが、やはりブログを書く上で表紙だけ載せて、紹介終わり!じゃ空しすぎるので、開いてみました。


中身です。

2011030510330000.jpg 

このページの左側のKarenが個人的には好き。ソロアルバム用のショットじゃない方ですね。


2011030510340000.jpg

写り悪くてすみません><
お馴染みの70年代前半の家族ショットと、結婚式の写真。


2011030510340001.jpg

特集ラストページ。
開かなきゃ良かったorz
お葬式の写真。
さすがにこのページではTonyを探す気さえ起きませんでした。


このように4ページで特集されてます。


この雑誌、以前持ってたんですが、People3冊セットとして、追っかけ資金調達の為に手放していたんです。
ですが、運良く、76年の二人でカバーの号と、83年後半のKaren死後から数ヶ月絶った頃の号買い戻す事ができ、残りはこの1冊だけで、どうしても手に入れたかったんですね。

気長に待っていた甲斐があり、無事に買い戻す事ができ、なんと嬉しいことにこの本の到着が、3月2日だったんです。
誕生日にKarenが戻って来てくれたみたいで、久々に机に3冊広げて、(・∀・)ニヤニヤしましたw

じゃじゃん。

2011030510390000.jpg


カバー飾ってる3冊のうち2冊が悲しい記事内容ってのがなんだかな~・・・ですが、また3冊揃える事ができ嬉しいです。


もうぜ~ったいに、手放さない!


それにしても久しぶりでした。
カーペンターズ関連の記念日や、Karenが夢に出て来てくれた日に限り、カーペンターズ関連の物が届いたり、メールや手紙がきたり、手に入ったりする事が以前はよくあったんですが、1番最初のオファリングを手放した時にそういうのがパッタリと途絶えてしまっていたので、また復活するといいな~・・・なんて思ってます。



暇があったら、76年のPeople訳してみようかな。
他2冊は・・・気分的に無理だと思うので。



see you
関連記事
スポンサーサイト
2011. 03. 09. (Wed) 19:33  [お宝披露♪コメント:0  トラックバック:-

コメント