≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
358位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

I'm always thinking of Karen 

スマートフォンが欲しいLaylaです
今まで全然興味なかったけど、画像の加工とかしてあるの見て、急に欲しくなりました(笑)
画像の加工ならPCでもできるのにねw

欲しいけど、まだ買いません。
だって、今使ってる去年の1月に買ったばかりだから。
ちなみに、DoCoMoのN派です。
夏ぐらいにスマートフォンデビューできたらいいな~・・・(*´ェ`*)。・:*:・ポワァン




ブログ、2月4日までは連続更新するかと思います。
その後は・・・気分次第(笑)

今年で私がKarenのメモリアルデーを数え出してから15年目になります。
13回忌(アメリカにも日本みたいな何回忌ってあるのか不明だけど)からだから・・・早いな~。
15歳だった私も昨年、ついに!三十路になりました(笑)

15歳から見た、Karenの32歳という死は、ただただ漠然と「かわいそう」で悲しかった。
何がどう「かわいそう」なのかは分からないけど、「かわいそう」でもう二度と会えない事が寂しい、悲しいという事実だけ。
32での死が早いというのは理解できたけど、どう早いのかは理解できてなかったように感じます。



それから15年経った今、改めてKarenの32歳という死を考えてみました。


手っ取り早く、自分に置き換えてみました。
32歳・・・めっちゃ若いし!
自分があと2年で死ぬって考えたら、絶対にイヤだし、後悔する。

まだまだやりたい事がたくさんあるし、行きたい国だってある。
そんなのが全て絶たれるなんて考えても考えられない・・・。

それが28年前の2月4日に、Karen Carpenterの身に起きたんだな、と思うと切なかった。

離婚の書類にサインしたかったのかな?それとも、カレン・バリスのままでいたかったのかな?
離婚の書類にサインする前に亡くなったという事を思い出したら、なんだかとてもやりきれない。



よく若くして亡くなった方に「人生まだこれからだったのにね」って言葉を掛けたりしますが、本当にそう思う。
もっと歌いたかっただろうし、ドラムスも叩きたかっただろうし、おしゃれも恋愛も楽しみたかっただろうし、もしかしたら、もう一度幸せになれたかもしれないのに。



Karenはどんな思いで旅立ち、そしてすぐにその事実を受け入れきれたのかな?
苦しんだり、悩んだりしてなかったらいいな。




以前読んだ本に【天国から始まる物語】
天国からはじまる物語天国からはじまる物語
(2005/10)
ガブリエル ゼヴィン

商品詳細を見る


という本があって、10代で亡くなった女の子が天国で生活していき、亡くなった年数だけ天国で過ごしたら生まれ変われる話なんだけど、Karenのことを考えながら読んだ。

こんな風に生活してるのかな?とか、やっぱり、最初は自分の死を信じられなくて、戸惑ったのかな?とか・・・戻りたいって思ったのかな?って・・・。



死んだ事ないから、憶測&妄想?想像?みたいな事しかできないけど、会えない事を悲観するだけじゃなく、物語と絡めたりして考えると、ちょっとは悲しみも癒えるというのを15年間で発見しました。


それなのに、未だに【NOW】を克服できず、Karenの死を真正面から受け止める事ができない人orz



ていうか、こんな事ばっかり書いてると、変人から頭のおかしい人に認定されちゃうかもね、自分(笑)
実はもう認定されてたりしてw




で、結局何を言いたいのかというと・・・今の彼女には平穏に暮らしてて欲しいって事!
ただそれだけ!

うん、いつもの意味不明なKarenちゃん大好きな独り言w
ただそれだけです。



see you



PS.記事保存日時&時刻に拘ってみましたw
Karenがなぜか拘ってた?数字の【2】に。
さすがに2222年とは設定しなかったけどね(笑)
関連記事
スポンサーサイト
2011. 02. 02. (Wed) 22:22  [Karenコメント:0  トラックバック:-

コメント