≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3560位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
405位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Karen's Book 

新しく買ったパワーストーンが馴染んでくれずに困ってるLaylaです
そうこの間注文したやつです。
今左手首には2本ブレスをしてるんですが(どちらも厄除け系)、両方とも去年の今ぐらいに購入して、1年間のお付き合いで、最近では手首にしてるのを忘れるぐらい馴染んでるんですが、どうも新しいブレスはダメみたいです。
つけてると違和感があるというか・・・。
まだ買ってそんなに経ってないからかな?
って、こういうのって石好きな方にしか分かりませんよね(´・ω・`)



先日、THE CARPENTERS最後のマネージャーさんの名前をど忘れしてしまい、確かめる為にあんまり開きたくない本を開いてしまいました。

そうです、こちらです。

2011011117330000.jpg

レイ・コールマン著の【カレン・カーペンター栄光と悲劇の物語】


かなり年季入ってます。
2011011117350000.jpg

所々、ページが取れてたりもするんですが、久しぶりに開いて見て、自分でも驚きましたw

だって、こんなんなってましたw

2011011117380000.jpg

なってました・・・って、こんな風にしたのは。他でもない自分ですw
そう、高校生の自分w


気になった部分にはマーカー引いたり、ページの端を折り曲げたり(ほぼ折り曲がってましたw)、まあ、これもこの本に書いてあったKarenの影響でやってみました。



この本を手にした時は、もうホントに藁にもすがる思いでした。
正直、こういった本はいつもならスルー対照。
有名人の生い立ちとか書かれた本とか絶対に読まない。

でも、どうしてもテレビの内容だけでは納得できず、この本を読むと真実が分かるんじゃないのかって気持ちで読む事に。


結果、真実ばかりじゃないかもしれないけど、テレビの内容とは違う事も分かったし、いろいろ参考にもなった。
でも、最近、この本に書いてある事が全てじゃないんだって気付いた。
気付くの遅すぎだし、自分w





だって、この本はKaren本人が書いたわけじゃないし、Karenの死後に書かれた物。
もちろん、インタビュー記事とかもあるだろうし、関係者への取材だってしてある。
でもさ、真実はKaren本人しか知らないんだよねってこと。



以前、同じTHE CARPENTERSファンで友達だった方とこんな会話をしたのを覚えてる。
「Karenは嘘ついてるよね」
って。



70年代後半の写真を見ると分かる。
写真の中の彼女が語ってる・・・。

それを心理療法士は見破れなかったのか、それともKarenの嘘に付き合ってたのかわからないけど、気付いてあげて欲しかったし、ちゃんと全部話すように説得して欲しかった。

もしそうしていたなら、今とは違ってたはずだから。


でも、これも結局は私達の妄想?想像でしかない。
本当の事は、Karenしか知らないし、知られたくない事なんだろうなって思う。



じゃあ、どれが本当のKarenなの?ってなってくると・・・皆それぞれのKaren Carpenterを持ってていいと思う。

100人いたら100人のKarenがいる。
結果そうなんだよね。


でも、どれが本当のKarenでも私は変わらずにKarenの事が大好き。


Richの彼女に超感じ悪い態度取ってても、ちょっとした事で付き合ってる彼氏と同棲解消しちゃっても、全てを語ってたのか、嘘をつき通してたのかにしても・・・生きてても死んでても私はKarenの事が大好き。



Karenの全てが大好き。
それでいいんだよね。



今までそれに気付かずに、本の中に書かれてるイメージに雁字搦めにされてた。
それに気付かせてくれる為に、もう一度この本を開かせてくれるチャンスを与えてもらった気がする。




あっ、ちなみにマネージャーさんの名前、分かりました。弁護士さんの名前とごっちゃになってました。
一番最初のマネージャーさんって、シャーウィン・バッシュでいいんだっけ?という疑問に今ぶち当たってますが、もう本を読み返す気はありませんw

歴代のマネージャーに加え、弁護士の名前まで把握してる自分、最高にキモイかもw



see you
関連記事
スポンサーサイト
2011. 01. 11. (Tue) 18:27  [Karenコメント:0  トラックバック:-

コメント