≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
4145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
453位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カーペンターズとの15年~Part6~15年間で嬉しかったことベスト5~ 

来年から使う用に新しいお財布を買いました、Laylaです
Karenもたまに?それとも良く?ビバリーヒルズのショップに行ってた頭文字がGのブランドのお財布を(*´艸`*)
前まで、LやP派だったんですが、Karenの影響もあり、Gが大好きに。
バッグや手帳、ポーチを集めてます。ちなみに、このブランドのお財布は2個目。その財布に入れるお金は、財布の値段よりかなり下の額ですけどねorz
早く使いたいー!



この記事、本当はもっと早くに書くつもりだったんですが、気分が乗らずに今まで引き伸ばしてしまってました。

THE CARPENTERSを好きになって15年。
たくさんの嬉しかった事がありました。
それを簡単に?ご紹介です。




まず、1つ目。
Karenのソロアルバムが聴けた事!
これかなり大きいです。

彼女のソロアルバムの存在を知ってからすごく聴きたかったので、リリースされるのを知った時は、本当に嬉しかった。
ファンになって1年も経たないで、願ってた事が実現した事の一つ。

ちなみに、この記事書きながら聴いてます
このアルバムを発売しようと思ってくれたRichardに感謝です。
そして、何度も言うけど、良かったね、Karen。
このアルバム、大好きだよ


2つ目。
武道館ライブの映像化。
これもファンになって1年経たないで、願ってた事が実現した事です。
【カーペンターズのライブに行きたい】本気でそう思ってた。
でも、行けない事は分かってた。
でも、このライブ映像を観ると、瞬時に1974年の武道館にタイムスリップできる不思議。


ちなみに、この二つとも、高校1年の時に七夕の短冊に書いてましたw
【Karenのソロアルバムが聴きたい】
【カーペンターズのライブに行きたい】ってね。




3つ目は、アメリカに行けた事。
漠然と、「大人になったらカーペンターズがいた場所に行く」って決意した16歳か17歳の時。
まさかそれが実現するなんて思ってなかった。
1人で海外に行く勇気や行動力を与えてくれたのは、この二人。
この二人に出会ってなかったら、絶対に1人で海外に行こうなんて思わなかった。
1回目はKarenに会いたくて、2回目はRichに会いたくて行きました。

自分の目で確かめたかった。
【Now&Then】の家やセンチュリーシティのアパート、ハリウッド、そしてKarenを。
カーペンターズに出会えてなかったら、海外なんて縁がなかったかも。






4つ目は、過去のレアグッズはレアなLPを手に入れる事ができたこと。他にも、お金には絶対に換えれないし、お金では買えない物も手に入りました。

もちろん、今も絶賛収集中ですが、MOOK本を見ては、いいな~、これ欲しい・・・とか思ってた物が手に入り、本当に信じられない。
この15年間でここまで来るとは思わなかった。
ここまで好きになれたのが自分でも不思議。

15年間にカーペンターズに費やした金額を計算するとどれくらいになるんだろう?怖くて計算できないw
軽く100万は越えてる・・・かもです。






最後、5つ目。
カーペンターズに出会えたこと。
これがないと始まりませんもんね。

たくさんの洋楽アーティストやグループ、バンドがいる中で、カーペンターズに出会えた事、縁があった事それが一番嬉しい。
洋楽アーティストの曲を聴いたのは、カーペンターズが初めてじゃないけど、好きになったのはカーペンターズが初めて。
もうこれは運命ってことで(笑)




カーペンターズの音楽、二人を通してたくさんの方の優しさに触れる事ができたり、言葉にはできないほどの嬉しい出来事が15年間の中にはありました。

さすがにそれらを全部文字にする事はできないので、こんな感じにまとめさせていただきました。
今まで関わってきてくださった皆さん、ありがとうございます(o*。_。)oペコッ


でも一番ありがとうを言いたいのは、Karen、あなたにだよ。







引き寄せの法則なのか、Karenの力なのか分からないけど、念願の3ショットを撮れた事。やっぱそれが一番嬉しい!!!


関連記事
スポンサーサイト
2010. 12. 21. (Tue) 19:50  [THE CARPENTERSとの15年コメント:0  トラックバック:-

コメント