≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
358位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カレンのソロアルバムの話でもしよっかな♪ 

小室さんタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!に関して、CARPENTERS関連の情報が入って来ないので、今日は、気を取り直して、最初で最後となってしまった、カレンのソロ・アルバムのお話でもハート&オンプ




















先日、久しぶりに聴いてみましたd.♪*




買ったのは、高校1年の頃で、発売日と同時に買いましたよ、もちろん。


だって、ずっと、ずっと待ってたんだからね。




つうかね、この年の七夕に【カレンのソロアルバムが聴きたいです】って書いたんだよ。


お願い叶った!って純粋に喜んでたわ。。。。。。。ぶ~あはv








カレンのソロは、このアルバムを聴く前に【LOVELINES】を買ってたし、From The Top】も持ってたから、聴いた事はあったけど、ちゃんとした、Karen Carpenterのソロアルバム、として発売された事が当時はとても嬉しかったし、今でも、その気持ちは変わってない。








でも、久しぶりに聴いてみて思った~!!!


80年代じゃん、これ~!!












ってww








レコーディングは、79年なのにね。














そして、プロデューサーのフィル・ラモーン、全然ってまではいかないけど、カレンの実力を引き出せてないって事に、購入して12年目にして、気付きましたww














なんていうか、Karen Carpenterというアーティストを理解してないっていうの?












高音すぎだよね、全体的に。カレンの声は、あの中低音が魅力的なのに。










そして、カレンの声自体に、迷いや不安みたいなのが入り混じってて、自分で決めてチャレンジしたソロなのに、やっぱり、迷いは捨て切れなかったんだろうな、と評論家でもなんでもない、ただのカレンちゃんのファンは思ってしまったんですよ。


















痛すぎてすみません。




















まあ、ムリもないよね。


この頃って、リッチがイっちゃってて、CARPENTERSとしての活動がストップしてた時期でもあって、迷いつつ、ソロアルバムにチャレンジしたんだから。




















でも、このソロアルバムで分かった事もある。


やっぱり、カレンの力を引き出せるプロデューサーは、リッチだけなんだなって。


















同じ曲でも、If I Had you】なんてオリジナルのソロアルバムとリッチアレンジバージョンでは全然違ってくるし、、Make belive it your first time】なんて、正直言って、カレンのソロで聴いた時は、好きになれない曲の一つになっちゃったんだけど、CARPENTERSバージョンだと、そうは思わないの。
















同じ曲で、同じボーカルなのに、こうも違っちゃうもんなんだね。
















カレンの力を完全に引き出せるプロデューサーはリッチだけ、って書いちゃったけど、カレンにはもっと、もっと、いろんなプロデューサーについて、いろんなソロアルバムを作って欲しかった。


いろんなソロアーティストとしての、Karen Carpenterを見たかった。
















だから、今思うのは、Mindiもいきなりリッチと歌うんじゃなくって、他のプロデューサーと組んでデビューさせてみたらおもしろいんじゃないのかな?って。
















必ずしも、それで彼女が今のアメリカ、もしくは日本で成功するとは限らないけど、まあ、正直。。。。。。。この間の生放送は心臓に悪かったけど、まだ若いんだから、いろんな可能性を試して欲しいっていうのがある。
















CARPENTERSサウンドだけにこだわるんじゃなくて、いろんな面が見てみたいし、聴いてみたい。




















ちなみに、カレンのソロ・アルバムであたしが好きな曲は【If We Try】【Still In Love Withe You】【Guess I Just Lost My Head】♪♪☆






ついつい、リピってしまいますハート&オンプ














とまあ、今日もダラダラと語ってしまいました。


では、このへんで。






see youハート




にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
関連記事
スポンサーサイト
2008. 11. 05. (Wed) 16:31  [Karenコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック