≪ 2017. 03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 05 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファンですが、カーペンターズを愛する気持ちは誰にも負けません。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

R.Carpenter氏の来日公演希望の署名について
日本で、もう一度、Richardの演奏を聴いてみたい。 是非、日本で来日公演を実現して欲しい。 お願いします!この声がRichardに届きますように。

2009年12月31日をもちまして、署名の受付を終了いたしました。 ご協力いただた皆さん、ありがとうございました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。 blogram投票ボタン

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
919位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
135位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

隠れた名曲 

GW終りましたね~*花*


まあ、Laylaには、高校時代からGWというものは存在しませんけどねwarai*


高校時代は、ブラスバンド部の合宿があって、一番楽しかったですcandy☆


って、最近、昔の事を懐かしむようになってしまい・・・・・だんだん年を取って行ってるのを実感してしまいます汗








ていうか、ここ最近、毎日のようにブログ更新してますね。


放置の時は思い切り放置なのに、更新するときは真面目に更新する。。。。。。この差が激しすぎますよねん~・・・。




今日、記事にしようと思うのは、この1曲です。


1975年発表のアルバム【HORIZON】からkirakira








ハート&オンプLove Me For What I Amハート&オンプ


邦題が【愛は木の葉のように】


( ̄- ̄) シーン…すごい邦題だよね、たまに思うけどw


歌詞の内容からどうやったらこの邦題に結びつくのかナゾです。








今まで、何気なくアルバムの収録曲の一つとして特に意識することなく聴いてた1曲ですが、先日、ブログを書きながら【HORIZON】を聴いていたら、めちゃくちゃハマってしまいました、この曲に。






作詞は、THE CARPENTERSの一員といっても過言ではない、Jhon Bettis。


とくれば、作曲はRichard Carpenterと言いたい所ですが、Palma Pasacale。うん、聞いた事ないや汗






この曲って、本当にシンプルで、意識して聴かないとあんまり印象に残らない1曲なんですが、逆にそこがいいということに気付きました。


もう、昨日から、この曲が頭の中で流れまくってますwarai*






1番歌詞からサビ部分に入る直前のバックの演奏が最高に気に入ってます。


もちろん、Karenのボーカルも最高なんですが、その瞬間、更にボーカルを引き立てて行く流れになっているように思います。








中間にある、Tonyのギターソロが入る事によって、曲自体が締まっていくというか、いいアクセントになっていて、今まで何とも思わなかったくせに、この曲はもっと評価されてもいいんじゃないの?などと、いきなり偉ぶってみたりしちゃってますw






ホント、この曲、いい曲なので、もし、手元に【HORIZON】お持ちの方、聴いてみてください。




THE CARPENTERSの曲は全曲を通して、ボーカルよりもバックバンドの演奏が目立つ事なく、うまくまとめられてると思います。


いかに、ボーカルをメインで聴かせるか、でも、ちょっとバックバンドの演奏にも注目して、というようなメッセージが込められてるような演奏にLaylaは感じてしまいます。


それにバックバンドの演奏だけ聴いてもおもしろいですよねハート&オンプ










語弊に乏しいとこういうとき、困りますね↓☆


伝えたい事が全然伝えきれてない気がします。




まあ、百聞は一見にしかずじゃないけど、Laylaの説明では限界があるので、もう一度改めて聴いてみてください。


それで少しでもLaylaが言いたい事が伝わるといいな~・・・・・・。



今日はちょっと評論家ぶってみたLaylaでしたあはv






see youchu*


















人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログへ


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2010. 05. 05. (Wed) 18:14  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック