≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
358位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

KARPENTERSってすごい! 

今日は3本立てかよ?!な勢いで更新しまくるLaylaですパンプス










今日、中国で行われた【KARPENTERS】のライブに行って来ました、というレポメールをちょうだいしましたピンクキラキラ


実はどんなライブだったのかな?と気になっていたので、メールをいただけてとても嬉しかったです。








その方からのメールから、ライブの様子が伝わり、とても興奮してらっしゃったのが分かりました。


KARPENTERSとは?とお思いの方は、こちらをクリックGOCARPENTERS?KARPENTERS?中国コンサートツアー






実際、上のような記事を書いたものですが、何度もこのブログ上で書いてる通り、CARPENTERSのトリビュートバンドやアルバムは受け入れきれないタイプなので、記事を書くだけ書いて後はスルーしてました。


「どうせどうってことないんでしょ~。CからKに変えただけで何か、ありえないんですけど~」みたいにガーン


ホント、すいません。






でも、本日、メールをちょうだいし、レポを読んだあと、Laylaは【KARPENTERS】とツールバーに入れてググってました。








なぜなら、メールに、ボーカルの女性がKarenに似てた、Karenの歌い方、歌ってる時の仕草や動きがそっくりで、ピアノを演奏している姿がまんまRichardだった、と書いていらっしゃり、興奮されていたからです。


その方はLaylaなんて足元にも及ばないぐらいの、人生においてもCARPENTERSファンとしても大先輩で、生Karenにも会った事がある方なので、その方がそう書かれてるんだから、どれくらい凄いんだろ?と。








で、実際に【KARPENTERS】のサイトに行って、驚きました。


そして、動画サイトで彼らのライブ映像を観て、更に驚きました。








まず、最初。


KARPENTERSオフィシャルサイト
を開いて見て、ビックリ。


゜∇゜ ;)エッ!? Karenちゃん??と一瞬思いそうなぐらい。似てませんか?


70年代前半、デビューして間もない頃のKarenに。パッツン前髪の頃のKarenちゃんに。


すっごい似てる!とまでは行かないかもしれませんが、雰囲気は出てますよね。




ちなみに、Laylaが是非見て欲しいのは、Photo Galleryの3番目です。




ピアノ担当の方、Richardっぽい雰囲気、めちゃくちゃ出てます。


ていうか、CARPENTERSっぽい雰囲気出てますよね。








次に歌声とかどうなんだろう?と思いまして、Musicの所から【Kind of hush】をセレクトしてみたところ、度肝抜かれました。




本家本元のTHE CARPENTERSのKarenより若干劣るかもしれませんが、上手いんですね。


声もいいし。


全体的に聴いても演奏とか、ライブでのKarenの歌い方とソックリなんですよ。


これ絶対、CARPENTERSのライブバージョンだよ、って言われて聴かされたら、間違えるかもしれないぐらい。


ていうか、え?これ、CARPENTERSでしょ?みたいな。










で、動画サイトで、ライブ映像を観ました。KARPENTERSの。


よく、研究してるな~ってのが正直な感想です。


あそこまで細かな動きや表情まで真似できるってすごいと思いました。








Laylaも昔はよく、ライブのビデオ観ながら、Karenの動きとか真似っこしてたので、ああ、こういう動きする、する!とか、研究しつくしてあって、驚きました。




というか、KarenよりRichardの方が外見とかはあんまり似てないけど、なんていうか、Richard Carpenterっぽくないですか?


メールくださった方とかなり盛り上がってしまいました。












このトリビュートバンドは2002年から活動を開始しているようで、イギリスでは有名みたいですね。


世界各国でもライブ活動を行っているようです。


もしかして、CARPENTERSファンの間では割と有名なの?






ボーカルとピアノだけではなく、サックス、ドラムス、ベース、ギター担当と決まったメンバーさんがいらっしゃるみたいですね。


ボーカルだけじゃなく、ギターサウンドも聞き比べてみたいかもw








日本にもライブツアーで来てくれないかな?KARPENTERS。


生で観てみたいです、これは。










KARPENTERSにちょっとでも興味を持たれた方、是非、チェックしてみてください。


チェックしてみて損はないと思います。




THE KARPENTERSオフィシャルサイト








そして、こちらが中国ライブでの曲目になります(勝手に曲目載せちゃってごめんなさいu-n*




・スーパースター

・雨の日と月曜日は

・涙の乗車券

・愛のプレリュード

・ハーティングイーチアザー

・プリーズミスターポストマン

・二人の誓い

・ふたりのラブソング

・恋のビーチウッド

・トップオブザワールド




(20分間の休憩)




・見つめあう恋

・愛は夢の中に

・愛にさよならを

・イエスタデイワンスモア

・マスカレード

・オンリーイエスタデイ

・青春の輝き

・ジャンバラヤ

・遥かなる影

・シング(アンコール)






本家本元のライブ盤でも聴けない曲があって、ああ、羨ましい。


ああ、聴いてみたい、『ふたりのラブソング』に『恋のビーチウッド』






公式サイトに、今後のコンサート日程などが掲載されてますので、行ける機会がある方、行ってみてくださいねピンクキラキラ






CARPENTERSのライブにもKARPENTERSのライブにも行けないので、CARPENTERSのライブCDを聴いて脳内ライブに行ってみたいと思いますwarai*








see youchu*




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログへ


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2010. 04. 26. (Mon) 20:45  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック