≪ 2017. 07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 09 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード



現在aliveというサイトにてRichard Carpenterの来日公演リクエストを行ってます。
Richardにもう一度日本で演奏して欲しい、カーペンターズを諦めたくない!そんな気持ちからリクエストページを設定しました。
リンク先よりリクエスト募集してるので、Richard来日公演に興味がある方はよろしくお願いします。

そして、Timeless The CARPENTERSはこちらも絶賛応援中です。
Richardの長男Colin Carpenterが所属している注目の男声4人組

GNTLMN

Official Instagram
GNTLMNオフィシャルインスタ
デビュー曲"Get Some"
iTunes storeにて6/20〜配信中 "Gntlmn"もしくは"Get Some"で検索🙌


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.


THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
4145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
453位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

リチャードは理想の人 

今日は、リッチこと、リチャード・カーペンターについて語ってみたいと思います♪♪☆


語るほどではないけど。。。。。う~ん…。








何で、あたしが親ほどの年齢の方をリッチ、リッチ、と気安く呼んでるかといいますと、クセですww


カレンの言い方を真似っこしてたら、知らない間に。。。。。。リッチ、と呼ぶクセがついてました。






カーペンターズというグループを通して、また1人のアーティストとしてリチャード・カーペンターを見た時、リッチには、ムカつくことが少なからず。。。。。。あります汗






全てをうん、いいよ!いいよ!!ってマンセーできるファンじゃないんですね、あたしは。


例えば、カレン亡き後の【こういう事になるって分かってたら、Please Mr Postmanとかはレコーディングしなかった】とか発言。




まあ、気持ちが分からなくはないけど、その曲を好きなファンにとっては、か~な~り複雑だし、自分自身を悔やんで、そんな発言をしたのかもしれないけど、どことなく、否定された気がして、寂しいんですね。






レコーディングした時は、きっとカレンも楽しかっただろうし、そんな事後から言われたんじゃ~、(゜Д゜) ハア??だろうよwwって思ってしまいました↓☆










あと、かなりショックなのは、ダウニーの家を手放しちゃった事。


いろいろな事情なんかもあるのかもしれないけど、あの家だけは、手放さないで欲しかった。




今年の2月にあの家の存続を巡って、どうのこうのなってるよ、と現地の知り合いからL.A,Timesの電子版が送られて来た時、ショックが大きかった。




まあ、この存続を巡っては、あたしたちファンに原因があるんだけどね。






でも、未だに、家を手放した事は納得できない事の一つ。








とまあ、何かあんた、リッチに恨みでもあんの??な感じに捉えられそうですが、リッチのことは大好きです。




でも、それ以上に、カーペンターズというグループが好きだから、受け入れきれないのかもしれない。












ちなみに、実際にお会いしたリッチの感想は、60代近いのに(4年前だから58歳の時にお会いしました)めっちゃヵッコ。゜+.(o´∀`o)゜+.゜イイ!!


それに、すごくファンを大事にしてくださるステキな方でした。


(この時のことは、後日書きますハート






そして、ステキなパパさんでしたハート&オンプ










カレンの理想の人はリッチ、というのが納得。


(決して変な意味の理想の人ではないですから)






あたしにとっても、リチャード・カーペンターは理想の人です。


これもいろんな意味で。






音楽家として、1人の男性として(さすがにリッチ以外の62歳は厳しいけど)、尊敬できる、理想の人。


それが、あたしにとってのリチャード・カーペンターです。




にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
関連記事
スポンサーサイト
2008. 10. 26. (Sun) 10:40  [Richardコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック