≪ 2018. 01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2018. 03 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
161位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

リチャードは理想の人 

今日は、リッチこと、リチャード・カーペンターについて語ってみたいと思います♪♪☆


語るほどではないけど。。。。。う~ん…。








何で、あたしが親ほどの年齢の方をリッチ、リッチ、と気安く呼んでるかといいますと、クセですww


カレンの言い方を真似っこしてたら、知らない間に。。。。。。リッチ、と呼ぶクセがついてました。






カーペンターズというグループを通して、また1人のアーティストとしてリチャード・カーペンターを見た時、リッチには、ムカつくことが少なからず。。。。。。あります汗






全てをうん、いいよ!いいよ!!ってマンセーできるファンじゃないんですね、あたしは。


例えば、カレン亡き後の【こういう事になるって分かってたら、Please Mr Postmanとかはレコーディングしなかった】とか発言。




まあ、気持ちが分からなくはないけど、その曲を好きなファンにとっては、か~な~り複雑だし、自分自身を悔やんで、そんな発言をしたのかもしれないけど、どことなく、否定された気がして、寂しいんですね。






レコーディングした時は、きっとカレンも楽しかっただろうし、そんな事後から言われたんじゃ~、(゜Д゜) ハア??だろうよwwって思ってしまいました↓☆










あと、かなりショックなのは、ダウニーの家を手放しちゃった事。


いろいろな事情なんかもあるのかもしれないけど、あの家だけは、手放さないで欲しかった。




今年の2月にあの家の存続を巡って、どうのこうのなってるよ、と現地の知り合いからL.A,Timesの電子版が送られて来た時、ショックが大きかった。




まあ、この存続を巡っては、あたしたちファンに原因があるんだけどね。






でも、未だに、家を手放した事は納得できない事の一つ。








とまあ、何かあんた、リッチに恨みでもあんの??な感じに捉えられそうですが、リッチのことは大好きです。




でも、それ以上に、カーペンターズというグループが好きだから、受け入れきれないのかもしれない。












ちなみに、実際にお会いしたリッチの感想は、60代近いのに(4年前だから58歳の時にお会いしました)めっちゃヵッコ。゜+.(o´∀`o)゜+.゜イイ!!


それに、すごくファンを大事にしてくださるステキな方でした。


(この時のことは、後日書きますハート






そして、ステキなパパさんでしたハート&オンプ










カレンの理想の人はリッチ、というのが納得。


(決して変な意味の理想の人ではないですから)






あたしにとっても、リチャード・カーペンターは理想の人です。


これもいろんな意味で。






音楽家として、1人の男性として(さすがにリッチ以外の62歳は厳しいけど)、尊敬できる、理想の人。


それが、あたしにとってのリチャード・カーペンターです。




にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
関連記事
スポンサーサイト
2008. 10. 26. (Sun) 10:40  [Richardコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック