FC2ブログ
≪ 2018. 12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019. 02 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

Richardインスタやってます! Richard Carpenter Official Instagramはこちら→Richard Carpenter Official Instagram

カーペンターズ17年振りのNewアルバム発売中
CARPENTERS With Royal Philharmonic orchestra12/7世界同時発売
Carpenters With The Royal Philharmonic Orchestra
Carpenters The Royal Philharmonic Orchestra
UMC (2018-12-07)

CARPENTERS With Royal Philharmonic orchestraアナログ盤2/8世界同時発売
Carpenters With The Royal Philharmonic Orchestra [12 inch Analog]
Carpenters The Royal Philharmonic Orchestra
UMC (2019-02-08)
売り上げランキング: 14,184

iTunesでも配信中💞

12月上旬、Richard Carpenter来日💞
山野楽器銀座本店でのレポはこちら▶️Richard Carpenter山野楽器銀座本店イベントレポ

THE CARPENTERSは49年目も進行形です。
2019年デビュー50周年を迎えます。


I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
222位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

CARPENTERS 

"デジタルカーペンターズ展"
本日は3枚目のアルバム"CARPENTERS"のご紹介。


全米1971/5/14リリース(ビルボード最高2位/59Wチャートイン)
日本1871/6/10リリース
グラミー賞
最優秀ポップパフォーマンス賞
デュオグループ賞を受賞
最優秀アルバムノミネート

3枚所有のうち、割と状態がいい方を...。
お馴染みの封筒ジャケット✉
これはジャケットの性質上、他のアルバムに比べて破れや変色が激しくなりがち。
でも茶色に変色したジャケットも味があると思う。

封筒を開いた所

この写真の下にレコードが入ってます。


今作品には"Superstar","Rainy days and Mondays","For all we know"等カーペンターズを代表する曲がたくさん収録されています。
"Superstar"に関しては以前書いた記事も参考にして頂けると幸いです▷▶︎▷▶︎GroupieとSuperstar


これはキャピタルレコードクラブ限定盤なので、ラベルの商品番号が違います。

ちなみに、今作品からデビューを機に仲違いしていたJhon BettisとRichardが和解し、黄金コンビの復活。
2人の共作でもある"One Love"はディズニーランドでバイトしていた際に、2人が意識して見つめていたウエイトレスを賛美した曲。
一体、前世でどんな徳を積んだらRichardとJhonから意識的に見つめて貰えるの🙄⁉️


アルバム最後の曲"Sometimes"はヘンリー・マンシーニからのオファー曲。
ピアノとヴォーカルのみというのもヘンリーからのオファーを受けてからという事で、1974年の武道館ライブでも公演終盤に披露されています。
切なくなるので滅多に聴けない1曲です。

この封筒ジャケはUS盤とカナダ盤(カナダ盤も持ってる)だけなのかな?
日本とUKは2人の写真が全面に出ているジャケットだったので。

Discogs見るとUS盤だけでも品番違いが存在するので、今度から品番も見ながら探さないと行けないのか~😫と若干気が遠くなりつつある。

でもコレクションが増えていくのは楽しい😊

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2019. 01. 26. (Sat) 09:48  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0