≪ 2017. 03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 05 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2990位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
363位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

趣味:カーペンターズ 

3回目の音浴はいつ行こう?と考え中のLaylaです。
本命はやはりあの日だけど、なんせ土曜日なので道が混む…
とりあえず、早く行って色々とレコードについて聞いたり、レコードを聴いたりしたい!


ふと、私の趣味ってなんだろう?と考えてみました。
音楽鑑賞…ほぼ、ほぼカーペンターズしか聴かないからもはや当てはまらない気がする(カーペンターズ以外にも聴くアーティストはあるけど、8割はカーペンターズ)

レコード収集…本格的な趣味でレコード収集されてる方に対して失礼になってしまうレベルなのでこれだけは絶対にない
ただ、オリジナルの音源でカーペンターズの曲を聴きたい&当時の物を手にしておきたいから集めてるだけだし、マトリックスナンバーとか最近になって興味を持ち始めたニワカ中のニワカ

オーディオ…これも上記と同じもしくは、それ以下のレベル

おおっぴらにこれが私の趣味です!って言えるような事ってないんじゃないのかなって考えた結果、「趣味はカーペンターズです」って答えようという結果に結びつきました。

「趣味はカーペンターズです」って言うと、日曜大工か?って思われるかな(笑)
思われてもいいや。

私はカーペンターズの音楽を聴いたり、研究したり、Richardの解説書を読んだり、当時のレコードやコンサートプログラム、グッズ等を収集したり、RichardやKarenの事、更にはバックバンドメンバーやカーペンターズに関わってきた人たちの事を考えたり調べたりする時間が私は凄く好き。
もはやそれは一つの趣味なんじゃないかって思えるぐらい。

6年間、離れてはいたけどCMなどで曲が使われてる際に流れるイントロのたった一音でも、これカーペンターズ!って気付いてしまう事があったぐらいカーペンターズは私の人生に欠かせない存在。

Laylaって名乗ってるくせに、どう考えても「美里ちゃん」(NANAネタ)

"カーペンターズに出逢えた私は最高にラッキーな奴
なにせ外が曇でもこれがあれば楽しめるんだから"
まさにそんな感じ


Karenの年齢を超えるのが正直怖かった。
Karenの年齢を超えても、Karenのファンでいていいのか正直分からなかった。
でも、Karenが見れなかった景色を見て、私の目線でだけど彼女に伝えて行こうって思えた。

カーペンターズは私の趣味であり、生きがいです。
いつか、趣味を聞かれたらそう答えよう。

答える場所が今の所皆無なのが悲しい現実だけど←

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017. 04. 12. (Wed) 20:13  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0