≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2927位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
358位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

CARPENTERS~Vinyl Collection~発売決定 


コメント欄にて教えて頂きました。
本当にありがとうございます!

11月17日
デビュー48周年記念日の2日後にカーペンターズのLPレコードBOXセットが発売されます。

Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337


セット内容はデビューアルバムの"Ticket to ride"~"Lovelines"までの11枚と"Singles1969-1973"がセットになった計12枚!

地道に当時のオリジナルアルバムを集めて行ってるからバラでいいか…なんて考えが一切浮かばなかったー!!!
当時のLPは当時の!
今年発売予定のBOXは今年の!!

同じアルバム、同じLPならいいじゃんって思われそうだけど、ラベルの色とかジャケットのステッカーとか、プロモ盤とかシュリンクとか色々と当時物でしか手に出来ない嬉しさがオリジナルにはあるし、まだまだだけど、自分なりに当時のLP収集にも拘りがあるので、全くの別物。

BOXセットなのでお値段少々張りますが、クリスマスコフレを1、2個我慢すればいい話だし(とか言いつつ、クリスマスコフレも買っちゃうんだろうけど)、誕生日とデビュー記念のお祝いにこれはもう予約するしかないでしょ😆

そして、嬉しい事にレーベルがA&M!
ありがとう、A&M😭
なんだかとっても幸先がいいRichard71歳の幕開けな気がするよ😌🍀

昨今のレコードブームで、カーペンターズのレコードにも興味がある方は是非🙌
バラ売りもあるみたいですが、断然BOXがお得(計算した人)✨

個人的なおすすめアルバムは"PASSAGE"と"Made In America"です!
でも本当にどれを取ってもいいアルバムばかりなのでこの際に是非!

A&MのFBでもお知らせしてあるので、こちらも合わせてチェックしてください。
A&M公式FB

ううぅ!こんな時Karenがいたら、きっと頑張ってプロモーションしてたんだろうな😂
Richard!!今こそ、公式でお知らせするチャンス!!って上から言ってくれないかな(笑)

早速Amazonで予約したけど、輸入盤なのでお届けが11/27-30でした🙁
早く欲しいけどこればかりは仕方ない。
今から、どこに置こうかな~ってばっかり考えてる(笑)

日本では40/40再発売だそうです。こちらも予約始まってます。
しかし、今更40/40ってなんだかね…もうあと2年で50周年なのに。

スポンサーサイト
2017. 10. 16. (Mon) 18:31  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

70's 



New item🙌
ヲタクコーナーがどんどん70年代になっていってる😆
Horizonの宣材あたりの2人のビジュが最高にエモい(笑)
#エモいとかどういう意味か分からないけど使いたかった
#元ジャニヲタ

これくらいの時のKaren好き👌
でもやっぱり、77年~78年の大人の魅力ある時がいいんだよな~🤔

10月もマイペースに更新していきます😄👏✨


2017. 10. 02. (Mon) 09:00  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

ヲタク部屋 

インスタでは公開したけど…現在のヲタク部屋


全体図


壊滅的なセンスの無さ…
本当は20周年記念の腕時計とリバイバルブームの時のタッチライトを並べてディスプレイしたくて試行錯誤してみたけど上手く行かず、こんな感じに


2人のイニシャルはダイソーにて🙌
フォトフレームとその中に入れた写真が奇跡的に色合いがあってたので良かったかな👌

緑のフォトフレームの下にある飾り棚にミニチュアサイズのピアノとドラムセットをそれぞれ飾りたいけどなかなかピンと来るものがない。


大小のパネル関係
73年ぐらいと76年の2人🤗


思い出の場所の写真📷
その下に切り抜きやらパンフやらCDなどを入れてます。
LPはまた別の場所に🎵

ずっと箱に入れたままだと可哀想だったので20周囲記念の腕時計は白いフォトフレームの下にディスプレイ⌚


もっと壁を有効活用出来るスペースがあるといいんだけど、これが現在の精一杯でした😞

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 09. 14. (Thu) 18:56  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

カーペンターズ未発表曲リストからリリース可能なのをピックアップしてみたのでRichard Carpenter様お願いしますPart3 

時々、インスタ丸ごと消したくなりますLaylaです。
アカウントは理由あって消したくないので、投稿だけけっこうな数消して、今はまた1桁代の投稿数🙌
インスタもけっこう疲れるからRichardもきっとそうなのかな🤔なんて考えたりも。

てことで、そろそろ未発表曲リストからのリクエスト記事再開です。
これで最後になるはず。

過去2記事はこちら
カーペンターズ未発表曲リストからリリース可能なのをピックアップしてみたのでRichard Carpenter様お願いします

カーペンターズ未発表曲リストからリリース可能なのをピックアップしてみたのでRichard Carpenter様お願いしますPart2

第3弾の1曲目は
Try to Win a Friend('75)
「これはKarenのボーカルが入ってると思う。いつかは使ってもいいと思ってる」
キター!!!
ボーカル入ありがとうございまーし!いつかは使ってもいいと思ってる!!またまたありがとうございまーす!!
で、そのいつかはいつ?
そこ重要←

Just Somebody


「カーペンターズ向きの曲じゃなかった」
ってあるけど、ダメ?
けっこう合ってそうな気がしたんだけど…。
もしボーカルがあれば聴いてみたいような。

why Don't They Understand

これかな?
「Karenのボーカルも全部入ってるけど、僕の頭の中ではいつも未完成。オリジナルの方が良かったって事になった」
って言ってるけど、オリジナルかカーペンターズVer.どっちがいいかっていうのを決めるのはファンじゃないのかな?
納得いくまでアレンジしていつかは聴かせてください。
待ってます。


最後はこの曲
Something's Missing(KC's solo)
本音を言えば、Karenソロのアウトテイクス全部許可貰ってリリースして欲しいぐらい。
でもそこはアーティストの意思を尊重しないといけないよね。
「Karen自身気に入ってないし、未完成だからアウトテイクスなんだ」ってあるけど、やっぱりどうしても聴きたいって思ってしまう。
頑張って作ったソロアルバムだから。

その中での"Somthing's Missing"
「カーペンターズっぽいから許可して貰えたら、アレンジしてみたい」というRichardの言葉を信じたい。

Karen Carpenterソロアルバム第2弾があっても良くない?
ダメ?上から怒りに来るかな?


と、ダラダラと未発表曲リストからリリース可能そうなのを独断で書き出してみましたが、改めて未発表曲リストを見てみると面白い事に「この曲は世に出せない」って言ってた曲や「これをリリースするとKarenに怒られる」って言ってた曲をMOOK本発売の数年後にはCDに入れてリリースしちゃってるRichard。

未発表曲だから~
これはダメ、これは向いてない、って言ってても諦め切れないんだよね。


ちなみに、未発表曲リストからリリースされた曲はこちらです
And When He Smiles.
Rainbow Connection.
Dizzy Fingers.
Leave Yesterday Behind.
You're Just In Love.

You're~に至っては「世に出すものじゃない」って言ってたのに、いざ世に出すとこの曲大好き!2人のハモり最高!ってなっちゃったファンがいるんだから、Richardもビックリだろうな😂

Rainbow Connectionはホントに嬉しかった。
彼女は怒鳴りに降りて来たんでしょうか?
そこが唯一の気になるポイント(笑)


気長に待ってるので、また新しい音楽と未発表曲リストからのリリースお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 09. 10. (Sun) 08:10  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

We really had fun with this album 

夏に購入したこちら


大好きなアルバム"PASSAGE"のUSプロモ盤




"man smart,woman smarter"でのSaxが誰か気になったのでクレジットを見てたら、目に入った彼女の言葉。

"We really had fun with this album"
必死にこの英文覚えようと努力して高校生の頃…なのんに今の今まですっかり忘れてた。
私がこのアルバムを好きな理由がこの言葉全てに詰め込まれてる。

Richard絶賛病み期の作品でもある今作。
Richardのオリジナル作品が収録されてない上、
よーくクレジットを見てみると、ピアノの所にRichard Carpenterの名前がないのが数曲あって寂しくもある。

ジャケットも今までのカーペンターズとは違った感じに仕上がり、好き嫌いがハッキリ分かれそうな1枚。

そんな本作ですが、私はこのアルバムが一番好き。

なぜこのアルバムが一番なのかっていうのは、Karenの言葉に全てが詰まってるから。

"このアルバム作り楽しかった"
楽しんで作ったアルバムを聴いていて楽しくないわけがない。
バラードもありおふざけ曲もあり、それでいて引き締め所は引き締める。
これぞカーペンターズのアルバムって感じ。

時にはクレジットを見返して見るのも、何か再発見が出来て面白いのかも。

Karen,楽しいアルバムをありがとう❤️

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 09. 08. (Fri) 21:53  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0