≪ 2017. 03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 05 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファンですが、カーペンターズを愛する気持ちは誰にも負けません。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

R.Carpenter氏の来日公演希望の署名について
日本で、もう一度、Richardの演奏を聴いてみたい。 是非、日本で来日公演を実現して欲しい。 お願いします!この声がRichardに届きますように。

2009年12月31日をもちまして、署名の受付を終了いたしました。 ご協力いただた皆さん、ありがとうございました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。 blogram投票ボタン

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
270位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カーペンターズを諦めたくない 

ポールマッカートニー来日関係のTwitterでABBA再始動のニュースを知りました、Laylaです。

ABBA再始動のニュースとか半年前じゃんって思われそうですが、半年前とか私は別界隈に浮気してたので恥ずかしながらABBA再始動のニュースは初見でした。

なんでも世界的に有名なエンターテインメント起業家と共に最新のデジタルやヴァーチャルリアリティ(VR)技術を使用した革新的な事業に共同で乗り出すとか…


羨ましい(^q^)

う ら や ま し い(^q^)

ウラヤマシイ(^q^)

VRがイマイチどんな物か分かってないけれど、再始動は本当に羨ましい!!

実はABBAのこの再始動のニュースを見る数時間前に、どうにかやってRichard来日を実現出来ないものか、と思いユニバーサルミュージックのサイト内を見て何か糸口ないかなって調べたけれど、海外アーティストに関してはそれぞれのオフィシャルサイトに問い合わせてくださいとの記載があり、オフィシャルサイトは更新ストップ、ファンレターの宛先は不明という八方塞がり状態を再度突きつけられたばかりだったので、なんとも言えない気持ちに。

オフィシャルサイトが止まってるから日本のレコード会社に助けを求めようと思ったけど甘かった(´;ω;`)

ここまでの状況になったら清く諦める方がいいのかもしれないけど、私は本当に諦めたくない。
そんな思いを抱きつつ目にしたのがABBAのニュース。
これだー!!!!ってなりましたけど、何か?


リアルな再始動は絶対的に不可能。
それはいくらお花畑な私にも分かります。

でも20年ぐらい前にやった中居くんの"うたばん"でのクリスマスの奇跡みたいなのを実現出来ればいいな…みたいな。
前回のソロコンサートで似たようなのをやったのかな?
97年のは行けなかったので分からないんだけど…。


最後の来日から8年、最後のソロコンサートから20年。
そろそろ良くない?


現在のデジタル関係がどれほど進化してるのか分かりません。
ABBA再始動のこのプロジェクトがどんなのかも分かりません。
でも、これが成功したらもしかしたらカーペンターズ再始動も夢じゃないのかな?みたいな。

ただ、それをRichardに伝えるチャンスがない。
スタートラインにすら立てない。

私はそれが物凄く悲しいし悔しい。

今でもカーペンターズが大好きな事、Richardの演奏を聴きたい事、Richardにまた日本に来て欲しい事をRichardだけではなく、日本のレコード会社、カーペンターズに関わる全ての人に伝えたい。

カーペンターズ再始動は私の夢であり、目標です。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017. 04. 26. (Wed) 20:21  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

聴いて語ってカーペンターズ 



4/22カーペンターズの日に3回目の"音浴"してきました。
貴重な"Offering"持参したくせにチキって聴けなかった人(´;ω;`)
このLPに針を落とす勇気をください。


なので博物館に所蔵してあるこちらを再生

73年版の"Ticket to ride"

この日はリスニングルームをほぼ占拠してました。


アルバム内容に関してはまた後日書くとして、契約記念日と言うことでデビューアルバム3枚並べて記念撮影。

両端とも日本盤でどちらも音浴博物館にて聴くことが出来ます。


この日のラインナップ








Ticket to ride→Close to you→A kind of hush→A song for youの順番

どうせなら順番に聴いて行けばいいのにって感じですが、なぜか途中で76年へ。
そして、やっぱりあのギターソロが聴きたくて逆戻り(笑)
全部、日本盤です。

"HELP"を聴くと74年の武道館のKarenを思い出して泣きそうになる。
「これの武道館公演の時のKarenちゃんがものすっごく可愛いんですよ~」ってまた熱く語り始める私。
多分、カーペンターズを聴いてカーペンターズについて語ってる時が一番幸せ。

約3時間の滞在時間でした。

この日はレコードの他にも、個人的に大きな収穫が。
リスニングルームのテーブルに置かれていた1冊の雑誌。


&premium2016年9月号
付箋がついていたのでパラパラと中身を捲ると、音浴博物館の紹介記事が。

バカラックの記事もあったので「カーペンターズもあるかな~」とページを進めていくとあった!
(目次で確認すればいいのにね)


"カーペンターズの光と影"というタイトルの記事。
(テキスト内容良かったのでモザイク!興味ある方は是非お取り寄せを)
普段はこういう記事は流し読み程度ですが、気になるフレーズがあったので読み進めて行くと、自分が追い求めていた答えを発見。

「まさにこの通りなんですよー!!」
とまた暴走(笑)

私がカーペンターズについて色々語っている全てが腑に落ちた瞬間でした。
この雑誌は手元に置いておきたくて、ソッコー検索してバックナンバーを購入。

色々な偶然が重なり合い、私が長年追い求めていた答えが見つかりました。
やっぱ運命だと思うの←

そんな感じでとても充実していた"カーペンターズの日"でした。

GW期間中、西海市大瀬戸では雪浦ウィークという催し物が5/2~5/5まで開催されます。
長崎駅まで行くと無料のシャトルバス(予約制)で雪浦まで行けちゃいます。
また音浴博物館さんでも同期間中には"レコード蚤の市"や演奏会が予定されておりますので、GWの予定がまだの方は是非。
詳しくは音浴博物館FBにてご確認ください。
日程が合えば、私も行きたいな。

自宅用に1枚購入(*´ω`*)

音浴博物館ではレコード販売もしてあります。


にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 04. 24. (Mon) 20:37  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

48th Anniversary Day~カーペンターズの日~ 

8回目のカーペンターズの日

48回目の契約記念日


(縮小したかと思えばバージョンアップしつつある部屋)

きっと浸透してないであろう"カーペンターズの日"
今日はカーペンターズが所属レコード会社のA&Mレコードと契約を交わした日。

それを記念して今から8年前の2009年のデビュー40周年に設定されたのがカーペンターズの日です。


1969年4月22日
Richardは22歳
Karenは19歳でした。

契約から約半年後にリリースされたデビューシングルはビートルズの"Ticket to ride"のカバー曲
アルバムは"Offering"(後にジャケ写差し替え&タイトル変更になったけど)


そこから現在まで聴き継がれ、愛されているカーペンターズ。

これからもずっと聴き継がれて行きますように。
どうか後2年の間に"カーペンターズの日"が浸透しますように。
そして、どうか2年後にはRichard来日しますように(切実)!!

カーペンターズに出会えた私は幸せです。
(少し早めましたが、ヘッダーもカーペンターズの日Ver.に…
PC表示もしくはPCから閲覧で見れると思います。
サイズも大丈夫なはず…)

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 04. 22. (Sat) 00:00  [CARPENTERSコメント:2  トラックバック:0

ロックの50傑作キャンペーン情報 

ロック最高傑作50~NOW&THENこちらの記事で紹介したユニバーサルミュージックの新しい企画ロックの最高傑作50のキャンペーン情報が更新されてます。

キャンペーン概要は以下の通り

「ロックの“最高傑作”50 」シリーズの商品に貼付されている応募券3枚と、配送手数料として定額小為替300円分をお送りください。

ロック最高傑作50プレゼントキャンペーンにてプレゼント内容等確認出来ます。

抽選ではなく、応募券と定額為替を送った方は全員プレゼントが貰えるというなんとも懐かしい【応募者全員プレゼント】方式🙄

懐かしすぎて涙出そう😂
天ないとかセーラームーンとかのが欲しくて送ってたな(笑)


肝心のプレゼント内容ですが…カーペンターズ関係ありません😭😭😭😭💔

A賞をセレクトすればCD貰えるんだろうけど、買うから選ばないと思うし…他にそそるのがないし…そもそも3枚も同じのを買わないし(Jヲタだった時は余裕で二桁枚数買ってたけど)、この際に色々と新規開拓していくのもアリなのかもしれないけどなかなか踏み出せないので、今回のキャンペーンは残念だけど見送りかな。

カーペンターズの特性立版古欲しかったな…なんで作って貰えないんだろう😢

NOW&THENのジャケ写で作って欲しかったよ。
カーペンターズ関係のグッズあったら頑張って応募するのにさ😞

キャンペーン応募予定の方で3枚購入の内容を迷ってる方いらっしゃいましたら、是非カーペンターズをよろしくお願いします。
ナウ・アンド・ゼン
ナウ・アンド・ゼン
posted with amazlet at 17.03.16
カーペンターズ
ユニバーサル ミュージック (2017-05-17)


しかし、ロック50のセレクト基準ってなんなんだろ🤔
やっぱNOW&THENじゃない感がする(しつこい)

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村


2017. 04. 19. (Wed) 12:36  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:-

趣味:カーペンターズ 

3回目の音浴はいつ行こう?と考え中のLaylaです。
本命はやはりあの日だけど、なんせ土曜日なので道が混む…
とりあえず、早く行って色々とレコードについて聞いたり、レコードを聴いたりしたい!


ふと、私の趣味ってなんだろう?と考えてみました。
音楽鑑賞…ほぼ、ほぼカーペンターズしか聴かないからもはや当てはまらない気がする(カーペンターズ以外にも聴くアーティストはあるけど、8割はカーペンターズ)

レコード収集…本格的な趣味でレコード収集されてる方に対して失礼になってしまうレベルなのでこれだけは絶対にない
ただ、オリジナルの音源でカーペンターズの曲を聴きたい&当時の物を手にしておきたいから集めてるだけだし、マトリックスナンバーとか最近になって興味を持ち始めたニワカ中のニワカ

オーディオ…これも上記と同じもしくは、それ以下のレベル

おおっぴらにこれが私の趣味です!って言えるような事ってないんじゃないのかなって考えた結果、「趣味はカーペンターズです」って答えようという結果に結びつきました。

「趣味はカーペンターズです」って言うと、日曜大工か?って思われるかな(笑)
思われてもいいや。

私はカーペンターズの音楽を聴いたり、研究したり、Richardの解説書を読んだり、当時のレコードやコンサートプログラム、グッズ等を収集したり、RichardやKarenの事、更にはバックバンドメンバーやカーペンターズに関わってきた人たちの事を考えたり調べたりする時間が私は凄く好き。
もはやそれは一つの趣味なんじゃないかって思えるぐらい。

6年間、離れてはいたけどCMなどで曲が使われてる際に流れるイントロのたった一音でも、これカーペンターズ!って気付いてしまう事があったぐらいカーペンターズは私の人生に欠かせない存在。

Laylaって名乗ってるくせに、どう考えても「美里ちゃん」(NANAネタ)

"カーペンターズに出逢えた私は最高にラッキーな奴
なにせ外が曇でもこれがあれば楽しめるんだから"
まさにそんな感じ


Karenの年齢を超えるのが正直怖かった。
Karenの年齢を超えても、Karenのファンでいていいのか正直分からなかった。
でも、Karenが見れなかった景色を見て、私の目線でだけど彼女に伝えて行こうって思えた。

カーペンターズは私の趣味であり、生きがいです。
いつか、趣味を聞かれたらそう答えよう。

答える場所が今の所皆無なのが悲しい現実だけど←

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 04. 12. (Wed) 20:13  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0