FC2ブログ
≪ 2018. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

Richardインスタやってます! Richard Carpenter Official Instagramはこちら→Richard Carpenter Official Instagram

シングルス1969~1973【MQA/UHQCD】6/20発売
シングルス1969~1973
シングルス1969~1973
posted with amazlet at 18.06.06
カーペンターズ
ユニバーサル ミュージック (2018-06-20)
売り上げランキング: 33,164

CARPENTERS〜Vinyl Collection発売中
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337


THE CARPENTERSは49年目も進行形です。
2019年デビュー50周年を迎えます。
2018年11月3日〜長崎県西海市大瀬戸にある"音浴博物館"にてカーペンターズデビュー50周年記念展第1弾開催致します。詳しくは音浴博物館FBまで
音浴博物館さんのFBはこちら→音浴博物館FB

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1443位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
184位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

10年 

あと4日でKarenの年齢を追い越して6年目になります、ToMoKoです\(^o^)/
懐かしいこの書き出し!

なぜいきなりこの書き出しを復活させたかというと、今日でこのブログを開設して10年目になります✨

10年前
2008年10月20日のブログ記事はこちら
2008年10月20日~初めまして~

NHKの番組にRichardとMindiが生出演で私もリクエスト読まれてテンション上がって、その勢いで立ち上げたこのブログ。
10年も続くと思わなかったな。

途中、途中更新してない月はあるけど、1年に1度は更新してあって自分のブログなのに色々と笑ってしまう😂

私にSNSでの交流は合わないので(インスタは一方通行)こうやってブログサービスが続く限りはブログを書いていく予定です✏️

Richardの新しいアルバムもあるし、50周年も控えてるし忙しくなるといいな🤗👏🏻✨

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2018. 10. 20. (Sat) 07:33  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

やっぱり彼のギターが聴きたくて~ハイレゾ~ 

先日、音浴博物館さんに11月3日~のカーペンターズデビュー50周年プレ記念展の打ち合わせに行ってきました。

"I wont't~"のギターで勝手に盛り上がり、最後には大好きな"Tonight Show"の動画を見せ、如何にTonyのギターが、76年からの"Goodbye To Love"が素晴らしいのかを捲し立てて来ました(・∀・)
相変わらず、迷惑すぎる(笑)

そんな中、発売決定された"ハイレゾ名盤シリーズ"によるオリジナルアルバム+2枚のクリスマス・アルバムの再リリース。
Singles1969-1973でハイレゾには懲りたからもういいや…なんて書きましたが、1夜経ったら気持ちが傾き始めました。

"ハイレゾでもGoodbye~を体験してみたい"という謎な理由(笑)
ハイレゾ対応のプレーヤーじゃないと意味無さそうだけど、せっかくの機会だし購入してみようかな、と。
大本命の為に余力を残しておかないといけないので、全部は買えないので厳選に厳選を重ねて数枚を。

まぁ、買うタイトルは決まってるんですけどね😅
でもそうなると、やっぱり最初から全部集めたいし…となると、ユニバーサルミュージックの思うつぼ(笑)

2枚のクリスマス・アルバムは時期的にもちょうどいいので、おすすめです👌

クリスマス・ポートレイト
カーペンターズ
ユニバーサルインターナショナル (2018-12-12)


オールド・ファッションド・クリスマス
カーペンターズ
ユニバーサル ミュージック (2018-12-12)


にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2018. 10. 11. (Thu) 07:23  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

泣けた話 



HMVからのお知らせメールを見た瞬間、

つ、ついに!

Richard公式アナウンスより先にリリース情報きた⁉️

とドキドキで震える手でメール開いたら…

泣いた😭

私のドキドキを返して欲しい😂

首を長ーーーーーくして待ってるRichardの最新アルバムではなくて、既存のオリジナルアルバム+2枚のクリスマス・アルバムが12月12日にハイレゾ名盤シリーズとして【MQA/UHQCD】にてリリース、とのこと。

今年の6月にSingles1969-1973【MQA/UHQCD】がリリースされ、それに続く形でのリリースになるようです。

クリスマス・アルバムが別々にリリースされるのはちょっと嬉しいかも👌

だけども…Singles1969-1973でハイレゾに懲りた私にとっては割とどうでもいい話🙄

でも、カーペンターズのオリジナルアルバム+2枚のクリスマス・アルバムはどれも素晴らしい作品になってますので、ベスト盤以外のカーペンターズを聴いた事がない方は、この機会に是非手に取って聴いてみてください✨

詳しい情報はユニバーサルミュージック・カーペンターズからどうぞ🙌

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2018. 10. 10. (Wed) 17:13  [CARPENTERSコメント:2  トラックバック:0

GroupieとSuperstar 


SuperstarピクチャースリーブUSオリジナル盤


Superstarプロモ盤

まさか同時期にプロモ盤にも巡り会えるとは思ってなかったから感激(;_;)
ピクチャースリーブの方は最後まで気が抜けなくて、終わってからも興奮して眠れなかった←

聴き飽きる程聴いてるけど、やっぱりSuperstarは特別✨

11/3~長崎県西海市大瀬戸にある音浴博物館さんでの"カーペンターズデビュー50周年プレ記念展"
当方で所持しているUS盤のレコードを展示させて頂く予定です。

それに合わせ、色々と過去の資料を読みながらお勉強✏️
今年でファン歴23年ですが(途中、中抜けしてたけど💦)、興味がなかった出来事は完全にスルーしてたり、覚えてなかったり、または覚えてても忘れてたりすることがあるので、新鮮です。

今回ブログにて取り上げているSuperstar
Karenが歌うのを躊躇った為にRichardがある一節を書き換えてた、というエピソード。

ある一節とは2番歌詞の
"Loneliness is such a sad affair
And I can hardly wait to sleep with you again"のsleepの部分

直訳すると"あなたと寝るのが待てない"
20歳くらいのKarenにはビックリする歌詞だったのかな?その部分に躊躇った為、カーペンターズVer.では以下のようにRichardが書き換えてます。

"Loneliness is such a sad affair
And I can hardly wait to be with you again"

Sleepをbe

"寝る"から"いる"

RichardはそこまでしてまでもKarenに歌わせたかったのか、と驚くのと同時に、20そこそこで"sleep wit you again"に戸惑うKarenにも驚くというか、可愛いなぁ🤤とやっぱり、私はKarenには甘い(笑)
ソロアルバムの収録曲でも書き換えて貰ってたもんね。
やっぱり、Karenのそういう普通な所が大好きなのです。

ちなみに、この曲
元はDelany&Bonnieの"Groupie"という曲
"Superstar"というタイトルになったのは、カーペンターズから。
そして、シングルカットの後押しをしたのはA&Mレコード創設者の一人、Jerry Moss

Delaney&Bonnieの"Groupie"はこちら

カーペンターズサウンドと違う良さがあって、私はどちらも好き

"Groupie"と言えば、カーペンターズにもグルーピーの事を歌った曲があります。
しかし、あれは…グルーピー側からすればご褒美みたいな曲なのよ、お兄ちゃん💦
数年前までそっち側を経験しからこそ分かる今(笑)

このSuperstarのピクチャースリーブとプロモ盤も音浴博物館さんに持っていきますので、実物を見てみたい方は是非、音浴博物館さんへ🚘✈️🚆

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2018. 10. 08. (Mon) 14:03  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

やっぱり彼のギターが聴きたくて 

10月最初のレコードが到着🙌✨

これはいつでも買えるからいいや~って後回しにしてたら、いつの間にか出回り少なくなってきてて慌ててた所に運良く巡り会えた1枚💞


1974年3月25日
ビルボード最高11位(調べた)
アルバム"a song for you"から


I Wont 't Last A Day Without You(USオリジナル盤)
この黒地に青緑の文字が入ったピクチャスリーブ🤤

盤はこんな感じ


この曲はアルバム収録バージョンと違い、2番歌詞の途中からギターが入ってます。
ファンになりたての頃はギターありとなしが同じ曲だとは判別出来なくて、混乱してたな(笑)

以前ギター入りを期待して購入したUK盤はギターなしだったので、この盤もギターなしだったらどうしよう…とドキドキで再生したところ、ギターあり!
ぴゃー。゚(゚^o^゚)゚。文字では表せないぐらいに大興奮してしまい、全世界探してもこの曲のギターでここまで騒ぐファンっていないんじゃないのかってぐらいリアルに飛び跳ねて、すでにしつこいぐらいリピートしてます。

なんで途中からギターを入れたのかはいつか絶対にRichardに質問するって決めてる☺️

これギターありVer.となしVer.どっちが人気なんだろう。
私は断然…言わずもがな😂


11月3日から長崎県西海市大瀬戸にある"音浴博物館"さんでのカーペンターズ展にももちろんこのレコード持っていきます。
個人収集なのでまだまだ数は少ないですが、レコードや雑誌、コンサートチケットの半券など展示して頂く予定なのでよろしければご来館ください。

音浴博物館さんのFBはこちら→音浴博物館FB

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村


2018. 10. 03. (Wed) 14:21  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0