≪ 2018. 05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018. 07 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

シングルス1969~1973【MQA/UHQCD】6/20発売予定
シングルス1969~1973
シングルス1969~1973
posted with amazlet at 18.06.06
カーペンターズ
ユニバーサル ミュージック (2018-06-20)
売り上げランキング: 33,164

CARPENTERS〜Vinyl Collection発売中
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337


THE CARPENTERSは49年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
278位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

シングルス1969~1973【MQA/UHQCD】 

未だにSACDに手を出せずにいます、こんにちは。
手を出せない理由にまぁ...値段とか...値段とか...値段とか...以下ry
なんですが、いつかまたRichardがやってくれないかな~?なんて淡い期待があったりするのも手が出せない理由の1つだったりします。

それに今は、レコード収集が楽しい😊というのもあるし、普通のCDとの音質の違いを聞き分けられるのか不安っていうのもあるんですけどね。

早い話、買えない負け惜しみ(笑)
こんな事なら発売当時に買っておけば良かった。
メーリングリストでも話題になってた記憶が💦

そして、今愛用中の機器がどうにも高音域が出ない🙄という問題に直面してて、どうしたもんか…と。
そこまで高価なものじゃないので仕方ないんですが、なんだかモヤモヤ💧😕💭


と、前置き長くなりましたが、ユニバーサルミュージックさんから新しいCD発売のお知らせ出てます。
その名も

シングルス1969~1973【MQA/UHQCD 】
発売日は6/20です✨
あと2週間後🗓

こちらはハイレゾCD名盤シリーズの1つとしてリリースされるそうです。
SACDもそうだけど、ハイレゾもイマイチ分かってないのね、私。

なのでブログを通してお勉強✏️
ユニバーサルミュージックさんのサイトからコピペ
◆MQA-CD × UHQCD =ハイレゾも聴ける高音質ディスク。 これが、CDの最終進化形だ!

※ハイレゾCD名盤シリーズは、全てのCDプレーヤーで再生可能 (44.1kHz/16bit) な高音質CD (UHQCD)です。
※MQA対応機器を使用すれば、元となっているマスター通りのハイレゾ・クオリティで再生することができます。


てことは、家の高音域が出ないコンポでもハイレゾ音源が楽しめるという事で合ってるのかな?
聴く側に聞き分けられるかという問題がありそうだけど😂

ちなみに、今回のシングルス1969~1973の音源はというとこんな感じとの事

再び、ユニバーサルミュージックさんからコピペ
初期のシングルA面曲を集めたベスト・コンピレーションで、カーペンターズ・サウンドのイントロダクトリーとしても最適な作品。。本作のための新規レコーディングや、アルバム全体の流れるような編集など、単なる寄せ集めには終わらせまいとするリチャード・カーペンターの意気込みが伝わる1枚。米英1位。 (1973年発表/2014年マスター)

★リチャード・カーペンター、バーニー・グランドマンによる、米国オリジナル・アナログ・テープを基にした2014年DSDマスターを352.8 kHz/24bitに変換して収録 (ハイレゾ未配信音源)


2014年😳
私が思いっきり浮気して、団扇持って全国飛び回ってた時期...💦

( இωஇ )ウワーン
時々、年齢の事とか考えてもはや引退状態なんじゃ...とか思っちゃう事もあるけど、全然そんな事なかったんだね。
目に見える仕事だけが仕事じゃないよね🙇‍♀️

シングルス1969~1973はデビューから1973年までのシングルA面のみを収録したベスト盤?なので、カーペンターズ初心者さんにもオススメの1枚です。
ハイレゾ音源が普通のCD再生機器でも楽しめるという事なので、この機会に是非🙌
TVショッピングみたいになっちゃった😂

詳細はユニバーサルミュージックのサイトもしくはユニバーサルミュージックストアでご確認ください。

Amazonでも予約始まってます👌
シングルス1969~1973
シングルス1969~1973
posted with amazlet at 18.06.06
カーペンターズ
ユニバーサル ミュージック (2018-06-20)
売り上げランキング: 33,164


にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2018. 06. 06. (Wed) 14:32  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

はっぴ~すぷりんぐ 


ツアーお疲れ様でした🙌🏻🙌🏻
なんだかんだ言って最後は...😭💦
〇〇くん本当にありがとう💞
大好き😝😝
〇〇くんとはっぴ~すぷりんぐ😍😘🤞❤️💕💞💓💗
幸せかよ💞

リアルガチで数年前までこんな風にチケットの半券並べて写真に撮って、はっぴ~すぷりんぐ💞だのはっぴ~さま~だの喚いてました、お花畑でした🌼🌼💓
自己顕示欲半端なかったな🤦‍♀️


久しぶりの投稿の文頭がこんなので申し訳ないです💦



上2枚は76年の来日公演
下2枚は74年の武道館公演の昼夜公演

入ってないコンサートの半券買う人いるの?って思ってたけど…まさか自分が買う人になってしまう立場になるなんてね。
こんな事ならJヲタ時代の半券捨てなきゃ良かった

武道館公演の映像を見る度に羨ましくて仕方がなかった。
チケットにパンフレット、そして武道館に入ると本物のカーペンターズとバックバンドがいる。
私はどう足掻いたってそれらを体験する事が出来ないんだって切なくなっていた。

もうその当時に戻れないのなら、せめて当時の物だけでも手にしていたい、そんな思いからコツコツと集めてます。

ただのコレクションなのか、いつか参考資料になるのか…今はまだ分からないけど、これらにも彼女の生きた証、彼らが活動した証を感じてしまいます。
タイムマシンがあるといいのにね。


先月はColinちゃんの大学卒業式があり、ColinちゃんのインスタにRichard登場してます✨
髪の毛は元々、ブロンドだけど更に明るくなったような🤔
96年か97年のめざましテレビのインタビューで「頭の上は映さないで」的な事言ってたRichardが懐かしい😆
そろそろRichardに会いたいな😔

しかし、パパとママからの卒業祝いがクールすぎた🏎👑💖✨
改めて、Colinちゃん卒業おめでとう🌸🏫🎓

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

2018. 06. 03. (Sun) 08:11  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

10周年問題 

元気にサボってます、LAylaです(笑)

なんかこの書き方が懐かしい…
*Laylaは漫画NANAの登場人物の芹沢レイラが好きだったら一時期使用してたHNです。

ふとこのブログ初めて何年なんだろう…って考えたら今年の10月で10年目らしい…😨
過去最高記録!
この私が10年も(半分ぐらいが放置多いけど)続けて来たことが奇跡。

しかし、ここにきて問題が…

当時の壊滅的な文字打ち

そう独特な文字打ち

当時はなんの違和感もなく書いてた文字列や言い回しなんですが、さすがに恥ずかしいのでこれから少しずつちまちなと修正していく作業に入りたいと思います。

購入品も色々あるんだけど、まだ色々向き合える気持ちじゃないのでとりあえずはブログの手直しに取り掛かろうと思います。

10年間を振り返るとなにか面白い事が発見できるかも⁉️


PS
5/19はRichard❤️Mary34回目の結婚記念館❤️💒💑💍💐でした✨
インスタで見た2人の結婚式の写真がどこのロイヤルウエディングかと見間違うぐらいでした。

Karenn葬儀が執り行われた教会と同じDowneyのメソジストチャーチで結婚式は行われました。
ちなみに、奥さんのMaryはアルバム"Now and Then"のオールディーズメドレーのクイズで間違った答えを行ってしまった、マーク・ルドルフの妹。

Rich❤️Mary❤️Happy Anniversary❤️💒💑💍💖

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

2018. 05. 20. (Sun) 22:38  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

意識高い系 



ずっと7色だと思ってたら、実際は5色だった件😂

最近、手に入れた"Top Of The Word/Heather"のUS盤



1972年発売の"A Song For You"に収録されているこの曲。
当初はアルバムカットの1曲として本人達は捉えていたけど、ライブでの反応や先にシングルカットされた日本でのゴールドディスク受賞、他アーティストがカバーした同曲がランキング入りした事から、1973年にボーカル再録音とリミックスを行い、アメリカでもシングル発売されたもの。

それがこの1枚。

私達が普段よく耳にしている"Top ~"は再録音Ver.
、つまりはシングルカットされた物がほとんど。
オリジナルVer.とどう違うのかと問われると、文字で説明するのは難しい。
だけど、アルバム収録のオリジナルVer.と聴き比べると顕著な違いに気付けるはず。

やはりKarenのボーカルの違いは分かりやすい。
72年と73年、たった1年の違いだけど声色も変化していってるし、単語、単語の発音にも変化が。
Happinessの発音1つにしろ、どっちVer.がいいのかを語れる自信がある😅
そういった変化を探しながら聴き比べるのが私はけっこう好き(笑)

聴き慣れているからそう思うのかもしれないけど、シングルカットするにあたり、録りなおしを行った彼らの戦略には頭が上がらない。

オリジナルVer.をそのままシングルカットしていたらどうなっていたんだろう…とさえ思う。
でもどちらかと言うと、私はオリジナルの方が好き。
シングルVer.は少しポップすぎるというか、万人受けしているというか…(だからこそ、年代を超えて支持されているわけなんだけどね)。
ある出来事をきっかけに、この曲は思い出の曲の1つになったけど、初めて聴いた時は受け付けない曲だったな~(苦笑)
でもMVというか、76年のTV Specialの映像は大好き💞
大好きだからという理由で"カーペンターズの日"のインスタにセレクトした(笑)


1973年は"Top Of The Word"の他にもデビュー曲でもある"Ticet To Ride"がボーカル再録音されてます。
こっちも私は初期の方が好き。
とことん、私は万人受けする楽曲やアルバムを好まないタイプなんだろうな…と自己分析。
なんでこうも意識高い系で拗らせ系のヲタクになっちゃったんだろう🤦‍♀️

1つの楽曲において、こうやってオリジナルか再録音かと聴き比べたり、好みが分かれたり、分析する機会を与えてくれたRichardとKarenはやはり偉大。

ちなみにC/Wの"Heather"はアルバム"Now And Then"に収録されているインストゥルメンタル。
Richard作曲だと思ってたけど違っていた😨
思い込みって怖い←

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2018. 05. 04. (Fri) 19:33  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

壁いっぱいのカーペンターズ 

ハイクラウンのポスターをダメにして早7年近く…
同じハイクラウンのポスターは手に入ってないけど(多分、永遠に手に入らないだろうな)、ポスターは増殖中です🙌

まずここ最近の戦利品✨

74~75年あたりのRichardとKaren👱‍👱‍♀️
2人とも笑顔がぎこちない😂
Horizonの時期かな?

これは余裕でしょ~と見てたらあっさり持って行かれて、しばらく立ち直れなかったのに無事に我が家に🏡
某フリマサイトで予算金額で出品されてるのを見つけた時は、運命かな⁉️って思ったぐらい欲しかった1枚。
裏面とかけっこう汚いし、中古品に抵抗ある方にとっては考えられないかもしれないけど、ポスターやレコード、古雑誌関係はそういうの言ってられないし、縁あって私の手元に来てくれたから大歓迎!

これも同じ時期の2人


これはそこまでなかったけど、普通に落とせた1枚(笑)
Richardの右手薬指のピンクゴールドのリング好き💍
そして、Richardの腕時計から察するに撮影時刻は1:50(笑)
お昼の1:50だと思いたい🙄

そして、Karenのニットよ🤣
服と背景が同化してるね🤣🤣
ブレスレットと腕時計の付け方、よく真似してたよ!

あと1枚、赤背景で77年後半~78年前半の2人のポスターも運命の再会を実は待ち望んでます(笑)

レコードの付録だったポスター以外には現在この2枚も含めて5枚所持してますが、部屋に貼ってるのは2枚だけ。
部屋いっぱいに貼りたいけど360度見られるのもどうかと思うし、ハイクラウンの二の舞には出来ないので残りは大事に保存中。

いつかカーペンターズ展とか開催される時があるならば、惜しみなく貸し出すんだけどな。
私以上のコレクターの方がいらっしゃるだろうから、私は用無しかもしれないね(笑)

でもいつか、本当にいつか、カーペンターズ展開催されるといいな。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2018. 05. 01. (Tue) 19:58  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0