≪ 2018. 01 12345678910111213141516171819202122232425262728 2018. 03 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1987位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
253位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

35th Memorial Day 

ねえ、あなたがあっちに行って今日で何年目か知ってる?


35年
ネタに走り出した


そう、今日でKarenが天国に行って35年。
いつの間にか、こっちにいた時よりそっちで過ごす時間の方が上回ってしまったね。
もう大先輩じゃない?

私はまだまだあなたに会えそうにないよ。
あと35年ぐらい掛かるかな(笑)
35年後に会えたら、そっちでの生活のノウハウを教えてね、大先輩😜💞


なんて面白おかしく書いてるけど、やっと自分の中でKarenの死というのが消化できつつあるのかな。
"会いたい"とか"寂しい"って言わなくなったから。
そういう感情が消えたわけではないんだけどね。

Karenはいつまでも私の憧れの存在。
あなたが平穏で幸せな日々を送れてますように。


大好きだよ😀😁😬😝😙💕


にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2018. 02. 04. (Sun) 09:51  [Karenコメント:0  トラックバック:0

Karenのソロアルバムはやっぱり"すげぇ最高"なんですPart4 

Karenのソロアルバムの日特別企画~Karennのソロアルバムはやっぱり"すげぇ最高"なんです
やっと終わりです…

中盤ダラけたよね。
実際、本当に好き嫌いがハッキリしてるので好きな曲とそうじゃない曲では書き方にムラが出てしまう。
最後をこの日にぶつけてくるあたりね(笑)


それでは最後3曲です。
Guess I Just Lost My Head.
Rob Mounsey(12/2/1952~)
これもエッチぃな歌詞になってます。
ぶっとびます(笑)

いや、でもこの歌詞みたいにもう少し気楽に生きてたらKarenの人生も違ってたのかな?ってつい考えたり考えなかったり。
歌詞の内容がもろにNYにレコーディングに行ったKarenに当てはまりそうで当てはまりそうでないような、"人生経験が豊富じゃない"ってそういう意味なの⁉️ってこの年齢になって理解したり、初めて会った男の髪をぐしゃぐしゃに出来るの?ってプロデューサーに聞かれて、出来る!って答えたKarenが私は愛おしい。
この曲を掘り下げて行くと、きっと色々見透かされてたのかな…って幼かった私には理解出来なかった本の内容やレコーディングの裏話の点と点が繋がっていく、そんな瞬間でした。

そんなゲスい妄想は置いておいて、後半のバックコーラスが最高です。
これはRichardに"カーペンターズの技術を盗んだ"と言われても過言じゃないような…って複雑な気分になったけど、最高なものは最高だから仕方ないし、きっと当時は当時で色々あったんだから仕方ない。


Still crazy after all these years.
サイモン&ガーファンクルのPaul Simon(10/13/1941~)の1975年10月25日リリースのカバーです。

お恥ずかしながら、Paul Simonがサイモン&ガーファンクルの人だって知ったのは去年です…。
しかも、私の中でサイモン&ガーファンクルは中学の音楽の教科書の人、でしかなかったので音浴博物館で色々教えて頂いた時は自分の無知さを初めて恥じたぐらいでした。

とことん、自分が興味ない分野は素通りしてしまう人間なんだなって実感。
まぁ手広く色々な分野を見たり聴いたり出来る程器用じゃないんだけど、さすがに恥ずかしかった。

以前にも書いたように、この曲はKarenの意向により歌詞の1部が書き換えられてます。
"Crapped out"→"Crashed out"
間奏のギターはStill in love with youでギターソロを担当していたビリー・ジョエルのギタリストDavid Brown.
この曲を聴くと、NYのアパートメントの窓際(映画とかに出てくる古びたアパートメント、そこポイント)に腰掛けて、雨が降るNYのストリートを見下ろす彼女がイメージ出来る、そんな楽曲。

Paul Simonのオリジナルはこちら。


最後はアウトテイクスからのボーナストラック
Peter McCann(3/6/1948~)のLast on singin' the blues.
この楽曲で私はロードムービーっぽいのを撮りたいってつい思う。
場合は田舎から都会に車で行ってる途中に立ち寄ったアメリカの田舎町にあるカラオケバー
そこで安いビール片手に羽目を外して酔って、飛び入りで少しふざけながら歌うけど、ラストのWell fate will soon~はめちゃくちゃカッコつけて終わらせる、そんなよくあるガールズムービみたいな感じ。

初めてKarenのソロアルバムを掘り下げて行ってみたけど、こんな風に想像力を掻き立てさせるアルバムだったとは思いもよりませんでした。

初めてのプロジェクトで不安な部分が大きかったと思うし、出来上がった作品を当時は全否定されたわけで、彼女の気持ちを考えるといたたまれないけれど、ここをRichardの演奏で聴きたい、って思わせてしまった時点でそれはソロとして成功しなかったのではないのかな…とも思う。
どうしても、カーペンターズ色を消せてない部分が大きかったし、リリース中止は当時としては最良だったのかなって。
でもリリースしていたら、Karenの自信にも繋がっただろうし未知なる可能性が広がっていたかもしれない。
でももしヒットしなかったら…結局の所答えは分からないまま。

ハッピーエンドにいく分岐点があったら良かったのにね。

本当にその瞬間、その瞬間で人の考えや思いは変化していくから面白い。

ちなみに、ソロアルバムのプロデューサーフィル・ラモーン
2013年3月30日に亡くなられております。

アルバムについて調べるまでは怖い人のイメージだったけど、調べてみるとなんかものすごい経歴の方でこんな凄い方にソロアルバムをプロデュースして貰えたの?って思ったし、これはこれでかなりの戸惑いもあったんだろうな、本当に頑張ったんだねって思えて、月日は経ったけどリリース出来て良かったねって思う。
むしろ、リリースしてくれてありがとう!だよ。
だって、Karenのソロアルバムがある事を知った時点で聴きたくて聴きたくてしょうがなかったんだから。

きっと私がカーペンターズのファンになるのを待ってたんだよね(笑)
だってタイミングが合いすぎて驚くじゃない。
あなたに会えなかった分、そう思わせて。

本当にKarenの言葉通り"すげぇ最高"なアルバム!

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2018. 02. 03. (Sat) 16:52  [Karenコメント:0  トラックバック:0

Karenのソロアルバムはやっぱり"すげぇ最高"なんですPart3 

Karenのソロアルバムの日特別企画~"Karenのソロアルバムはやっぱり"すげぇ最高なんです~Part3
いよいよ、後半戦です。
もうここら辺まで来ると、最初の方に頭にあった書きたい事はほぼ消えてる状態😭💦
でも思い出しつつ書いていきます。

後半戦第1曲目はビリー・ジョエルのギタリストRussell JavorsによるStill in Love with you.
印象的なギターソロはこれまたビリー・ジョエルのギタリストDavid Brownによるもの。
この曲がソロアルバムの中では1番好き!

赤いジャケットに白いシャツ、革のパンツをブーツインしてマイクスタンドを自由自在に操りながらロックっぽく歌ってるKarenを想像する1曲。
もしも、過去に戻れてこのソロアルバムが当時リリースされTVで披露される事になったなら、私は彼女をそう演出する。
もちろん、ギターソロではギタリストとカッコよく絡ませる。
そこにはカーペンターズのKarenではないロックシンガーのKaren Carpenterが✨
なんてね(笑)
そうなってたら、何かが違ってたのかな。

でも1番最初に書いたように、絶対的な運命は変えられなかったはずだよね。
どのルートを選んでもバッドエンド。

それでもいいから、未知の可能性に掛けてみたかった。
そう思わせる1曲です。

My body keeps changing my mind.
女性シンガーソングライターLeslie Pearlによる楽曲。
アレンジはRod Temperton、オーケストラはトランペット奏者でもあるJerry Hey。
これは"From The Top"に収録されています。
思いっきり80年代って感じの曲。

カーペンターズではなかなか聴けない高音を聴きたくて、何度も"From The Top"の4枚目をリピートしていた1曲です。
特に1番歌詞終わりの"My body keeps changing my mind~"の所がお気に入り。
懐かしい。


Make believe It's your first Time.
Bob Morrison(6/8/1942~)
John Wilsonによるこちらの曲はカーペンターズVer.がカーペンターズのオリジナルアルバム"Voice of the Heart"に収録されているので、ソロとカーペンターズVer.を聴き比べてみるのも面白いと思います。
あんまり好きになれない曲です…すみません。
でもどちらかと言うと、カーペンターズVer.の方が好きです(本当にすみません)。


こうやって纏めて行ってみると、分かってはいたけど自分がどんな感じの曲調が好きなのかがハッキリしてくるのがとても面白いです。
そして同時に曲に関する思い出等もあったりして、一瞬で高校生の頃に戻れる。
音楽って本当に記憶の1部なんだなって実感します。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村


2018. 02. 01. (Thu) 23:01  [Karenコメント:0  トラックバック:0

Karenのソロアルバムはやっぱり"すげぇ最高"なんですPart2~シカゴとの繋がり~ 

Karenのソロアルバムの日特別企画~Karenのソロアルバムはやっぱり"すげぇ最高"なんです~
Part1はこちら

モチベーションがある時に纏めておかないと絶対に後から纏めたくなくなるってのもあるし、せっかくだから2月4日までには終わらせたいので珍しく連日更新✏️

2回目の今回は"Making Love in the afrernoon"から"Remember When Lavin took all night"までの紹介。
調べてみると元シカゴメンバーとの面白い繋がりを発見👀
ちょっと震えたよね←


ソロアルバム4曲目に収録されているシカゴの元メンバーPeter Cetera(9/13/1944~)によるMaking Love in the afrernoon.
まぁ歌詞がエッチぃよね🤭
この曲はサックスがいい味出してます。

この曲を作詞作曲したのはシカゴの元メンバーPeter Cetera.
シカゴを脱退したのが1985年とあったので、シカゴ在籍中にこのソロアルバムに参加したのかな?
ちなみにこの楽曲でKarenとデュエットしてます。

Peterはアルバム"17"を最後にシカゴを脱退。
そして、そのPeterと入れ替わるようにシカゴに加入したのがJason Scheff.
Scheff…シェフ…シカゴのジェイソン・シェフ…!
そうです、Jason ScheffはKarenの甥っ子にあたるColin Carpenterが参加しているバンド"GNTLMN"のメンバーでもあるAaron Scheffの従兄弟!

PeterもJasonも残念ながらシカゴは脱退してしまっているようですが、思わぬ所でカーペンターズと繋がっています。
いや、これ繋がってるっていうのかな?
でも何となく、個々としてではなくシカゴというグループを通しての繋がりがあるみたいで不思議な感じ。


続いてIf We Try.
Lovelinesを手掛けたRod Tempertonが作詞作曲。
この曲もアルバムLovelinesに収録されています。
割とカーペンターズっぽい曲で違和感なく聴ける1曲。
歌詞カードを見ながら聴くと、1単語、1単語丁寧に歌ってるのが分かるので改めてKaren Carpenterの素晴らしさに気付く事が出来ます。
英語の勉強にもなるのでオススメ🙆


オリビア・ニュートンジョンのプロデューサーでもあったJohn Farrar(11/8/1945~)とMolly Ann leiken(10/11/1948~)によるRemember When Lovin took all night.
アルバムLovelinesに収録されています。
"ディスコっぽいのは入れるなよ"というRichardからの言葉に反して、ディスコっぽい仕上がりの曲です。
好きな曲ではありますが、Karenに合ってないんだよな~…
この曲のキーボードソロを担当しているのは、All because of youでアレンジも担当していたBob James(12/25/1939~)
日本では"Take me to the mardi gras"が知られているようですが、お恥ずかしながら分かりませんでした。

世界はやっぱり広いし、カーペンターズの音楽だけが音楽じゃないんだって知らされました。まだまだ勉強不足です。
そんな名高い方が参加していたこのソロアルバム…やっぱ製作費用が気になって仕方ない(笑)
前に換算したけど、ぶっとび~な額だったんだよね。なのでもう思い出したくない(笑)

残り6曲はまた後日。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

2018. 01. 31. (Wed) 22:40  [Karenコメント:0  トラックバック:0

Karenのソロアルバムはやっぱり"すげぇ最高"なんですPart1 

相変わらず長ったらしいタイトル😅

今度の日曜日はKarenが亡くなって35回目の2月4日です。
てことは…前日の2月3日は"Karenのソロアルバムの日"!

亡くなる前夜、ソロアルバムのプロデューサーだったフィル・ラモーンに電話で"あのアルバム、すげぇ最高"と伝えた事から私が勝手に言ってるだけの"Karenのソロアルバムの日"

生前最後の言葉が"あのアルバムすげぇ最高"だったとか言わないでね😂
もしもそうだとしたら、ある意味でKarenっぽい気もするけど🤭

Karen Carpenterの最初で最後のソロアルバムは1979年5月2日から翌年の1980年の春までNYで行われました。
残念なことながら、同年の5月5日に彼女自信により発売中止が決定。
この決定に関しては、このソロアルバムに関わった人、カーペンターズの関係者、そして彼女自身の色々な気持ちがあったと思います。
その瞬間、瞬間で思う事も違ってくるし、もしもあの時…と考えてみても、結局の所カーペンターズを待ち受けていた運命は変えられなかったんじゃないのかな、という結論に達しました。

しかし発売中止の決定から16年が経った1996年9月11日、リリースされ、レコーディングから39年経った今でも色褪せる事なく聴き継がれて行ってます。

てことで、今回はKarenのソロアルバムについて少し掘り下げて行ってみようと思います。

このKaren Carpenterのソロアルバムのプロジェクトは兄Richard Carpenterの睡眠薬中毒の克服期間に設けられたプロジェクトでした。
費用はオールKaren持ちだったそうです。

そんなアルバムの第1曲目を飾るのは、"Lovelines"
1曲目から80年代~なイメージが湧いてくる曲です。
この曲の作詞作曲はマイケル・ジャクソンの有名な曲"スリラー"の作詞作曲を手掛けたRod Temperton(10/9/1949~10/5/2016)
調べてみると、クインシー・ジョーンズがプロデュースするアーティストほとんどに楽曲提供した方だと分かり、驚くばかり。
1979年以降にクインシー・ジョーンズと関わりが深いみたいだから、Karenのソロアルバムの頃はどうだったのかな?
その辺も興味深い。

ちなみに1989年にリリースされたカーペンターズ20周年記念アルバムの"Lovelines"にはRichardがKarenのソロアルバムからアレンジした分が収録されています。
なので、オリジナルとRichardアレンジを聴き比べてみるのも面白いかも?
ちなみに、この曲は間奏のキーボードソロがカッコいいです。
思わず、ここをRichardの演奏で聴きたかった…なんて思ったり思わなかったり。

続いて、All because of you
この曲は1976年から1988年までビリー・ジョエルのギタリストだったRussell Javors(6/13/1952~)が作詞作曲。
ちなみに、アレンジを担当したのはBob James。
ビリー・ジョエルのギタリストってだけでも凄い人だけど、アレンジ担当のBob Jamesを調べてみると凄い人すぎてこのアルバムの製作費用って本当に凄い額だったんじゃないのかって他人事ながら心配になった。

この曲はギターとボーカルのみの出だしと後奏がいい味出してます。
Russell Javors自身もこのアルバムにギターとして参加しているのでこの曲のギターソロは彼なのかな?
アメリカの田舎町にある古びたバーでマイクスタンド1本とギターのみで歌ってるイメージが湧いてくる曲。
特に"I'll keep singing my lovesong~"からの声が素晴らしい曲です。


3曲目は割とお馴染みの?If I Had you.
Steve Dorff(4/21/1949~)ピアニスト、音楽家
Gary Harju
Larry Herbstritt(6/4/1950~)シンガーソングライター、アレンジャー、プロデューサー

この曲もアルバム"Lovelines"に収録されています。
他にもベストアルバムに収録されているので、Lovelinesは持っていないけどベストアルバム持ってるって方は聴いた事あるんじゃないかな?
1989年にRichardによるアレンジとMixにてシングル化されてます。
なのでLovelinesとカーペンターズのベストアルバム収録分はRichardアレンジの方です。

何度か書いてると思いますが、この曲を初めて聴いた時はとにかく衝撃的でした。
なんて大人っぽい曲なんだろうって。しばらくはカーペンターズの曲が聴けなかったぐらい度肝を抜かれた曲でした。

Richardアレンジ分は曲の終わりがハッキリしている所が特徴。
他にも違いがあるんだろうけど、素人にはそこしか分からない。
私はどちらかと言うと、Richardアレンジの方が好きです。
これも聴き比べて、好きなアレンジを発見するのも面白いかも。


こんな感じで全12曲、自分なりにですがKarenのソロアルバムの魅力を伝えて行けたらな、と思ってますので時間がある方はお付き合いください。

カーペンターズ以外には本当に疎いので、他アーティストのバックバンドメンバーに関しての間違い等ございましたら遠慮なくご指摘して頂けると幸いです。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2018. 01. 30. (Tue) 21:00  [Karenコメント:0  トラックバック:0