≪ 2017. 09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017. 11 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
337位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

ドラムの日 



10月10日
記念すべきドラムの日第一回目✨

今年から10月10日は"ドラムの日"に制定されたという事を知りました😳

やはり私が一番好きなドラマーは
Karen Carpenter

Karenみたいに上手く叩けるようになりたくて、見様見真似で真似したり、ドラムセットが欲しい!って言ったみたり…
"カーペンターズのカレンみたいになれるよ"の音楽の先生の一言で高校生の時には華道部からブラスバンド部に転部したり(得意な楽器はタンバリンだったけど)、色んな思い出がある。

楽しそうにドラムスを演奏してるKarenが大好き💗

"Wonderful Pared"や"California dream"等の初期曲でのドラムソロもデビュー後から導入されたタムタム、汗だくになりながらも本当に楽しそうに演奏してる武道館ライブ、76年以降のライブ演出でのドラムソロ、どれを取っても最高の演奏。
特に私は初期曲での演奏が好き。
ドラムスを演奏しているKarenはいつも生き生きしてる。

"a kind of hush"以降のアルバムでは体力温存の為にアルバムでドラムスを演奏する事はなかったけれど、"Made In America"に収録されている"When It's Gone"ではダブルドラムスとして参加してます。


ブラス部に入り、パーカッションになったけど早々に挫折してしまった事を本当に後悔してる。
真面目に練習すれば良かった。
ハイハットとタムタムの使い方を教えて欲しかったー!!!

でもね、Karenもお箸でドラムスの練習してたって事を昔の雑誌で知った時はほんとーに嬉しかった!
Karenに出会う前、某アイドル事務所5人組のドラマーさんのファンで、私もお箸とコップで練習してたから(笑)
やる事は同じだなって😂

今からでもドラム教室に行きたいけどなかなか踏み出せない。


Karen、天国でもいっぱい演奏しててね💕
そして、いつか会えた時に聴かせてね(笑)🙏✨


スポンサーサイト
2017. 10. 10. (Tue) 19:19  [Karenコメント:0  トラックバック:0

時の流れに 

最近のマイブームな1枚💿



Karen Carpenter最初で最後のソロアルバム。
今月11日で発売から21年目を迎えました。

ちなみにレコーディングからは38年😳
Karenが生きた年数を余裕で超えている!
それなのに全く色褪せない。

このアルバムの中でも最近特にお気に入りなのは、1975年にポール・サイモンがリリースした

Still Crazy After All These Yearsのカバー


この曲はソロアルバムの11曲目に収録されている他、"From The Top"というベストアルバムにも収録されています。


この曲はKarenの意向により、歌詞の一部が書き換えられてます。
記憶の片隅からこの事を引っ張り出して来たけど、自信がなかったのでちょっと確認作業📖



オリジナルでは"Crapped out"となっている所を…Karen Ver.は"Crashed Out"に変更。

なぜ変更になったかの注釈を読んだ時に物凄く親近感を得て20年近くも頭の片隅に残り、この曲を聴くといつも思い出し、そして少し恥ずかしくもあり、ほんの少しだけ"Crashed Out"の部分を強調し、上にいるKarenの事を考えながら口ずさんでしまう。

今だと「プロ意識がない」って言われちゃうかな?
でも同じ女性として、Karenの気持ちが分からなくもないっていうか、私でも無理な気がする…。

Karenのこういう人間っぽいというか、何歳になっても"女の子"な部分に私は物凄く惹かれる。

そして、そういう部分も彼女の魅力の一つなんだろうと解釈する事で自分の中での"Karen Carpenter"を身近に感じてるのかもしれません。

だって、好きなんだから仕方がないじゃない(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

2017. 09. 20. (Wed) 09:56  [Karenコメント:0  トラックバック:0

21years 



ソロアルバムリリース21年目おめでとう🎧🎶💕

カーペンターズのKarenもソロのKarenも大好きだよ😆😁😘😬💗

#ディスコっぽいのは入れるなよ#って言われてたのに#ディスコっぽいの入ってるね😂
(こういうタグ付けやってみたい人←)

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村

2017. 09. 11. (Mon) 20:46  [Karenコメント:0  トラックバック:0

【探してます】FMfan1996/9/23-10/6 NO21 

9月11日はKaren Carpenter初のソロアルバムがリリースされた日です。

それに併せて、FMfanという雑誌でも特集が組まれました。
今みたいにネットがない時代でしたが、「Laylaが好きな人(Karenのこと)が表紙の雑誌を本屋で見つけたよ」という友達からの目撃情報で無事にその雑誌を手に入れる事が出来たのを覚えています。

ですが、当時高校1年生。
その雑誌の貴重さも何も分かってなかった私はあろうことか分解し、切り抜きページを部屋の壁にベタベタと…。

そして現在、残ってるページはこれのみ


だからと言ってはなんですが、もう一度この雑誌を手にしたく探してます。


中古本なので見つかる可能性がないのも承知です。

お心当たりのある方は、コメント欄もしくはメールフォームかleadsister_2222@yahoo.co.jpまでお願いします。
お取引はヤフオク経由でお願いしております。
2017. 09. 02. (Sat) 07:49  [Karenコメント:0  トラックバック:0

天国への暑中見舞い 



日本庭園を自宅に作っちゃうぐらい日本贔屓だったみたいなので、可愛い団扇型のカードがあったのでちょっとユニークなメッセージを添えて📮_____💌.
今回はブロック体だから読めるはず🤣
書いた人が読めたから←


簡単に行ける距離じゃないので、何気ない日々の変化を書いて送るのもいいかなって思ってる。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 07. 27. (Thu) 07:25  [Karenコメント:0  トラックバック:0