≪ 2017. 03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 05 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファンですが、カーペンターズを愛する気持ちは誰にも負けません。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

R.Carpenter氏の来日公演希望の署名について
日本で、もう一度、Richardの演奏を聴いてみたい。 是非、日本で来日公演を実現して欲しい。 お願いします!この声がRichardに届きますように。

2009年12月31日をもちまして、署名の受付を終了いたしました。 ご協力いただた皆さん、ありがとうございました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。 blogram投票ボタン

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
270位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

カーペンターズとの15年~一番最初に歌えるようになった曲~ 

ブログのヘッダー部分を新しくしたいけど、アイディア浮かんでこなくて自分的におもしろくないLaylaです
季節ごとや記念日ごとに変えよう!とは思ってないんですが、去年のクリスマスあたりからイベントの度に変更していったら何だか、楽しくなってきてしまい、そろそろ新しくしたいな~、なんて思ってます。
でも、こうしたい!っていうのさえ浮かんでこないorz
自分のブログなのに、自分で自分が作ったヘッダーに飽きた人ですw

次にヘッダーをチェンジするのは・・・3月2日の予定
早くチェンジしたい!といっても、3日までの限定ですけどね。




このカテ、去年の12月で一応更新ストップするつもりだったんですが、この間、夜勤中の空き時間に【As time goes by】のRich解説書を読んでて、思い出した事があるので更新してます。

解説書の和訳は集中力がたったの5分!で切れた為、即効で終了となったんですが・・・パラパラと歌詞カードを捲って行ってるとある曲に目が留まりました。

それは、どの曲かというと!


【Superstar】

有名すぎて説明いりませんよね。

レオン・ラッセル作詞・作曲の曲。

うん、これも【未成年】のドラマのシーンで使われてたのが印象に残ってます。
だから歌詞カードで目に留まったのかというと、違いますけど・・・。





実は、この曲、Laylaが一番最初に歌えるようになった思い出のカーペンターズの曲なんです。




好きなアーティストの曲となれば、ファンとしてはやっぱり歌いたいじゃないですか。
でも、英語の曲だし、どうやって覚えていけばいいのかサッパリ分からなかった中学3年の冬。

1枚しかまだ持ってなかったベスト盤の歌詞カードを見ながら、CDを聴き、どれが一番ゆっくりで、かつ歌詞カードを見ながら歌えるか・・・というのを調べた結果、これだ!となったのが、【Superstar】でした。



音程関係抜きにして(笑)、サビ前までは日々の練習もあり、かろうじて歌えるようになったんですが、問題がサビの部分でした。

単語の一つ、一つをまるで英語の授業並みに発音ながらメロディに乗せようとしたので、苦労どころか毎回、ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…状態でサビに差し掛かると歌詞カードを見つめながら止まってましたw

え?今これどこの部分歌ってんの??
この曲を頑張って覚えようとしたのが間違いだったのかも?!なんて後悔したこともありました。



でも、ある日の朝、毎朝、カーペンターズのCDをタイマー再生でめざまし代わりにしていたら、無理に単語一つ一つを発音しながらメロディに乗せようとしなくてもいいんじゃない?
流していったらいいんじゃない??という事に布団の中でCDを聴いている時に気付き、あれだけ苦労しまくったサビ部分をどうにか克服できました。

最初のうちは、本当にめちゃくちゃ汚かったw
流せばいい!だけ!!になっちゃって単語の発音なんてそっちのけ状態。
今では、この頃よりはましに歌えるようになりましたけど、あの頃はもう本当にそれが精一杯だったし、ある意味、それで良かったんだと思います。
練習というか、研究していくうちに、単語の発音なども真似するようになってきたので。


音程は・・・どうにもなりませんでしたけどね(笑)



この曲をきっかけに、というか、聴き込んでいくうちに、今ではCDを流すとほとんどの曲をCDと一緒に口ずさんでしまいます。
車の中でもKarenになりきり、歌って・・・工事現場の信号待ちで恥ずかしい思いをしたことも><
歌うだけじゃなく、ごくたまに振りつきですからね、自分w




ちなみに、この曲にはこういった思い出の他にもまた別の思い出もあるんですけどね~
歌詞から話を思い切り膨らませ・・・とんでもない妄想小説を書いた事が(爆)
門外不出の前に処分してるので日の目を見る事は絶対にありえませんが!自分の脳内には、未だに残ってますw



だから、いろんな意味で【Superstar】思い出ありです。ありすぎます。
そんな思い出を蘇らせてくれた夜勤中のほんのひと時でした。




see you





スポンサーサイト
2011. 02. 27. (Sun) 20:09  [THE CARPENTERSとの15年コメント:0  トラックバック:-

カーペンターズとの15年~15年間ありがとう。そして、これからも・・・~ 

12月22日。


今日でLaylaがTHE CARPENTERSのファンになって15年目です。


15年前の23時頃、1人でTV見ながら泣いてた~。
ドラマでも泣けたけど、エンディングの【Yesterday Once More】で泣いてた。
だって、もうこの曲を歌ってる人には会えないんだって知ったばかりだったから。
それが辛くて、何だか、Karenの魂を聴いたような気分で、一気にTHE CARPENTERSの虜になった。



完落ちするまでには時間かかったけどね。





ねえ、Karen。
私達の出会いを覚えてる?

私は運命とか信じるタイプだから、これは運命だと思う。

笑ってもいいよ。


【NANA】のセリフ拝借~。

14年前の3月、取り壊しが決まった家でポスター発見した瞬間、本当に運命を感じた。
だって、ファンになる前から、出会ってたんだから。
ずっと見守っててくれてたんだな・・・って。


ホントにTHE CARPENTERSに出会えた事、運命だと思うし、光栄に思う。
たくさんの音楽に出会え、たくさんの人に出会え、たくさんの人の優しさに触れる事ができた。

同時にイヤな思いもしたし、イヤな思いにもさせた、傷ついたし傷つけた。
後悔してる事もある。
それでもいつも変わらず、隣にはTHE CARPENTERSの二人がいて、二人の音楽が笑顔があった。





私にここまでの行動力を与えてくれたのは、二人しかいません。

15年間でたくさん手紙も書いたし、いっぱいお願い事もした。
反対意見だって言った。

全てを受け入れなくてもいいんだって気付いて、楽になった。



15年間、本当にありがとう。
そして、これからもずっと一緒にいてください。



私は、
カーペンターズが大好きです。
2010. 12. 22. (Wed) 22:22  [THE CARPENTERSとの15年コメント:0  トラックバック:-

カーペンターズとの15年~Part6~15年間で嬉しかったことベスト5~ 

来年から使う用に新しいお財布を買いました、Laylaです
Karenもたまに?それとも良く?ビバリーヒルズのショップに行ってた頭文字がGのブランドのお財布を(*´艸`*)
前まで、LやP派だったんですが、Karenの影響もあり、Gが大好きに。
バッグや手帳、ポーチを集めてます。ちなみに、このブランドのお財布は2個目。その財布に入れるお金は、財布の値段よりかなり下の額ですけどねorz
早く使いたいー!



この記事、本当はもっと早くに書くつもりだったんですが、気分が乗らずに今まで引き伸ばしてしまってました。

THE CARPENTERSを好きになって15年。
たくさんの嬉しかった事がありました。
それを簡単に?ご紹介です。




まず、1つ目。
Karenのソロアルバムが聴けた事!
これかなり大きいです。

彼女のソロアルバムの存在を知ってからすごく聴きたかったので、リリースされるのを知った時は、本当に嬉しかった。
ファンになって1年も経たないで、願ってた事が実現した事の一つ。

ちなみに、この記事書きながら聴いてます
このアルバムを発売しようと思ってくれたRichardに感謝です。
そして、何度も言うけど、良かったね、Karen。
このアルバム、大好きだよ


2つ目。
武道館ライブの映像化。
これもファンになって1年経たないで、願ってた事が実現した事です。
【カーペンターズのライブに行きたい】本気でそう思ってた。
でも、行けない事は分かってた。
でも、このライブ映像を観ると、瞬時に1974年の武道館にタイムスリップできる不思議。


ちなみに、この二つとも、高校1年の時に七夕の短冊に書いてましたw
【Karenのソロアルバムが聴きたい】
【カーペンターズのライブに行きたい】ってね。




3つ目は、アメリカに行けた事。
漠然と、「大人になったらカーペンターズがいた場所に行く」って決意した16歳か17歳の時。
まさかそれが実現するなんて思ってなかった。
1人で海外に行く勇気や行動力を与えてくれたのは、この二人。
この二人に出会ってなかったら、絶対に1人で海外に行こうなんて思わなかった。
1回目はKarenに会いたくて、2回目はRichに会いたくて行きました。

自分の目で確かめたかった。
【Now&Then】の家やセンチュリーシティのアパート、ハリウッド、そしてKarenを。
カーペンターズに出会えてなかったら、海外なんて縁がなかったかも。






4つ目は、過去のレアグッズはレアなLPを手に入れる事ができたこと。他にも、お金には絶対に換えれないし、お金では買えない物も手に入りました。

もちろん、今も絶賛収集中ですが、MOOK本を見ては、いいな~、これ欲しい・・・とか思ってた物が手に入り、本当に信じられない。
この15年間でここまで来るとは思わなかった。
ここまで好きになれたのが自分でも不思議。

15年間にカーペンターズに費やした金額を計算するとどれくらいになるんだろう?怖くて計算できないw
軽く100万は越えてる・・・かもです。






最後、5つ目。
カーペンターズに出会えたこと。
これがないと始まりませんもんね。

たくさんの洋楽アーティストやグループ、バンドがいる中で、カーペンターズに出会えた事、縁があった事それが一番嬉しい。
洋楽アーティストの曲を聴いたのは、カーペンターズが初めてじゃないけど、好きになったのはカーペンターズが初めて。
もうこれは運命ってことで(笑)




カーペンターズの音楽、二人を通してたくさんの方の優しさに触れる事ができたり、言葉にはできないほどの嬉しい出来事が15年間の中にはありました。

さすがにそれらを全部文字にする事はできないので、こんな感じにまとめさせていただきました。
今まで関わってきてくださった皆さん、ありがとうございます(o*。_。)oペコッ


でも一番ありがとうを言いたいのは、Karen、あなたにだよ。







引き寄せの法則なのか、Karenの力なのか分からないけど、念願の3ショットを撮れた事。やっぱそれが一番嬉しい!!!


2010. 12. 21. (Tue) 19:50  [THE CARPENTERSとの15年コメント:0  トラックバック:-

カーペンターズとの15年Part5~今だから言える事~ 

最近、クックパッドを見るのが好きなLaylaです
クックパッドでヘルシーなダイエット中でも食べれそうなレシピを探したり、絶対に作れないけどお菓子のレシピを見たりして楽しんでます
ああー、体重の事を気にせずに、食事を楽しんでみたい。
簡単な事ですが、難しい事です。
ふくらはぎに筋肉つきすぎてきてるのが・・・今の悩み。
韓国苦手だけど、韓国のアイドルみたいな美脚になりたい~





いよいよ来月の22日で、LaylaがTHE CARPENTERSのファンになって15年目を迎えます。
今ではこんなブログを立ち上げ、ネタの宝庫とばかりに書いてますが・・・今だから言える恥ずかしい勘違いを今日はご紹介します。



ファンになり、CDを買って1ヶ月ぐらいは、【Superstar】と【Ranidays and Mondays】は繋がって1曲だと思ってました(笑)
ネタでしょ?とか、CDタイトル読める?ちゃんと曲聴いてる?って思われそうですが、ネタではありません。
ですが、後半部分は否定しません

image.jpg
こちら、【未成年】の最終回が終って数日経って購入した初めてのTHE CARPENTERSのCD。
とりあえず、【Yesterday Once More】が入ってるCDなら何でも良くて買ったのがこの1枚。

年季入ってます。今でも聴きます。【40/40】よりこっちを聴いたりします。


ファンになってすぐの頃で、CD買ってはみたけど、THE CARPENTERSのことなんてホントによく知らず、曲もドラマで使われてた数曲以外は全然知らず、初めての洋楽アルバムで、( ゚д゚)ポカーン状態でした。

そんなんだから、とりあえず知ってる曲(主にYestarday Once MoreとTop Of The World)ばかりをリピって聴いてたんです。

同じCDをお持ちの方なら曲順分かるかと思いますが、1曲目がYesterday Once Moreで4曲目がTop Of The Worldなんですね。
で、とりあえず、1曲目終ったらすぐにTop~にスキップしようとCDのスキップボタンを押し、曲が流れてくるのを待つんですが、流れて来た曲が【Ranidays~】でもう当時はかなり混乱しましたw




え?あれ??ちょっと、Top~は?どこ??みたいに。

もしかして行き過ぎた?とか思い、何度かスキップボタンを押すと流れて来たのが【Ticket To Ride】で・・・完全に混乱してました。
それが1度や2度ならまだしも、1ヶ月近くその状態。


途中から2曲だけをリピる事はしなくなり、最初から最後まで勉強しながら聴いてたりしたんですが、それでも分からなかった。
ドラマでも【Superstar】使われたのに・・・全然気付かなかった。
さすがにおかしい!って気付いた時にCDの曲順見て、驚愕。


え?別の曲だったの?2曲目と3曲目って・・・みたいな。似てるじゃん!!違うってありえない!って普通に思いましたw
今思えば、当時の自分がありえないけどねw
あの時の驚きは今でも忘れられません。本当にビックリして、納得行くまで何度も聴いた。

それでもしばらくは納得できなかったけど(笑)


だから私は今でも、ベスト盤などで【Superstar】と【Ranidays and Mondays】が続けてあるのが嫌いw
さすがにもう間違えないけど、この曲順を見るといつもこの時の事を思い出すから。


いい思い出なのかもしれませんね、これもw
どんだけバカなん?って話だけど、それほどまでに他の曲に興味がなかった。
収録曲の曲順とか気にした事なかったし、曲名もとりあえず、好きな曲だけ分かってればいいみたいな状態だった。
だから、今みたいにブックレットで大好きなTonyの名前を探したりもしてなかったし、ドラムスがKaren担当で嬉しくなったりとか全然なかった。




それが15年後にはこんなんですよ。
恐るべき、THE CARPENTERSのパワー。



でも、こんな風にマニアックになったのって、実を言うと・・・数年前からなんですけどね。
それはまた今度にでも。



一つこのベスト盤に関して言えるのは、このアルバムには、中3の受験の思い出やこんな恥ずかしい勘違いの思い出がいっぱい詰まってるってことですね。



see you

2010. 11. 29. (Mon) 22:47  [THE CARPENTERSとの15年コメント:0  トラックバック:-

カーペンターズとの15年Part4~Richardのこと~ 

マシャの来年のツアー、FCエントリー完了しました、Laylaです
今回、遠征はなしにして、九州内だけ。
大本命の鹿児島2Daysはまだエントリーできないので、福岡の3日目と4日目を。
最終日のみ、友達と一緒に行く予定です・・・チケットが当たれば
当落発表までドキドキですね><




このカテ、久しぶりの投稿になります。
Karenの事を書いたのであれば、Richのことも書かなきゃですよね。



Richard CarpenterはLaylaにとっては、理想の人。
え?今のRich??それとも全盛期の??って聞かれそうですが、どちらもです。
外見も中身も全部。



正直に言いまして、Richのことはすごーーーーーーく苦手意識がありました。
ブログではこんな軽々しくRichだのお兄ちゃんだの言ってますが、本当に苦手でした。
どう苦手だったのかというと、真面目すぎて冗談とか通じないんじゃないか?とか、これまたTVの影響で、Richardってすごく冷たい人なんじゃ・・・と思ってました。

本当はそんなことない人ってTVの生演奏とかインタビューとか聞いて分かってるのに、ファンになった頃に植えつけられた固定観念でそういうイメージしか持てなくなってました。



でも、実際に本人に会った瞬間、それらが本当に幻想?妄想でしかなかったことに気付かされました。
ものすごく優しくて、本当にステキな方でした。
もしかして、あの時、お酒入ってましたか?といつかもう一度チャンスがあれば確認したいぐらい。



イメージや外見だけで人を判断しがちですが、やっぱり関わってみないとその人の本当の姿って分からないですよね。
といっても、ほんの数分だけだったけど(´・ω・`)




1977年ごろ~のRichを見るのは正直に言って辛いです。
Karenを見てるよりも辛い。
だって、Karenなんて痩せてるのに元気ハツラツそうで人生楽しんでそうな時のが多いから。
でもそれに比べてRichardは・・・。

睡眠薬依存症の症状が強く出てきてる時期で、見てるこっちも辛くなるんです。
写真を見てもMVを観ても、ライブ映像を観ても、バラエティ番組を観ても・・・その頃のRichardは本当に辛そう。

Richardに伝えたい。
あの時、自分の問題を直視して、克服してくれてありがとう。
あなたがいたからこそ、THE CARPENTERSがあるんです。あなたが頑張ってくれたからこそ、THE CARPENTERSは今でも愛され続けてるんです。
本当にありがとう。




いつもいっぱい、いっぱいお願いしたり、納得いかなかったら文句も言っちゃうけど、Richのこと大好きです。
娘ぐらいの年のファンが生意気にギャーギャー言ってごめんね。


もう一度チャンスがあれば、あなたに直接言いたいです。
『Thank you and I love you


see you
2010. 11. 12. (Fri) 19:04  [THE CARPENTERSとの15年コメント:0  トラックバック:-