≪ 2017. 03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 05 ≫

プロフィール

Layla

Author:Layla
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファンですが、カーペンターズを愛する気持ちは誰にも負けません。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

R.Carpenter氏の来日公演希望の署名について
日本で、もう一度、Richardの演奏を聴いてみたい。 是非、日本で来日公演を実現して欲しい。 お願いします!この声がRichardに届きますように。

2009年12月31日をもちまして、署名の受付を終了いたしました。 ご協力いただた皆さん、ありがとうございました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

THE CARPENTERSは48年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。 blogram投票ボタン

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2089位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
270位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。


Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

宛先不明 

先日、約1年ぶりにJヲタ復帰してきました。

団扇文字は伏せておきます(笑)
(最近のカメラアプリは細く写るんだね)

久しぶりにお友達にも会えたり、普段は控えてるハイカロリーな物も食べたりと楽しかったです。

次回は(当たれば)6月のブリトニーのライブに行きたいな~…と思ってます。




先月、数年ぶりにRichardにファンレターを出しました。
これ絶対宛先不明で戻ってくるだろうなって嫌な予感しかなかったけど、どうしても伝えたい事があったので半ば掛けみたいな状態で郵送。

結果…
タイトル通り😂😂😂😂😂

クソワロタ😂😂😂
(笑えないし、むしろショックだけど)

住所はカーペンターズの公式に載ってる私書箱に宛てたんですが、今はもう使われてないみたいですね。

心のどこかでは分かってはいたけど、いざ本当に使われてない、という事実を目の当たりにするとショックが大きすぎる。
もう何をやっても無駄なのか、ファンが頑張ってもダメなのかな…って久しぶりにネガティブ思考へ。

インスタ開設してくれてるし、そこにコメントも出来るしファンからのコメントも読んでくれてるみたいだし、投稿も見てくれるみたいだけどやはり私は手紙を書きたい。

伝えたい事がたくさんあるから、その窓口を閉ざさないで欲しい。

Karenへの手紙は無事に送れるみたいなのでもうKarenにしか手紙は出せないのかな?Karenが頑張ってRichardにも伝えてくれたらいいのに。


まだサイトの方にあるファンメールは有効みたいなので、新しいファンレターの宛先を教えてください!とはメールしたけど、どうなる事か。

トントン拍子に進んでるなって思ってたのに今月に入って一気に運気低迷気味。
どうかまたRichardにファンレターが送れますように。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017. 04. 07. (Fri) 20:57  [Richardコメント:0  トラックバック:-

今日から4月 



懐かしいヘッダー😂
6年前のエイプリルフールネタのやつ。

TonyのBDに投稿したインスタのイイね!が意外にも多くてビックリでした。
やっぱTonyはカッコいいもんね!(笑)

そのうち、本気でTony Pelusoブログになるんじゃなかろうか、と自分でも不安になりますが多分それはないと思います(笑)

4月はきっと大半の人が忘れてるであろう…"カーペンターズの日"が22日にあります。

設定されて今年で8年になります。
カーペンターズがA&Mレコードと契約して今年で
48年になります。

50周年に向けて、盛り上げて行きたいな~
もっと浸透して行くといいな…なんて思ってます。
その為にはもう少し、レコード会社の方にも頑張って頂きたい。
個人の力だけでは限界ある(´・_・`)

gntlmnの方も動きがありますように。

4月もよろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 04. 01. (Sat) 20:27  [Richardコメント:0  トラックバック:-

Who Do You Love?/Richard Carpenter 

ポールマッカートニー来日公演のニュースを聞いて、真っ先にRichardを思い浮かべたLaylaです。
Richardはいつ来るの?

今でしょ
ってもう流行遅れ甚だしいこの言葉を使いたい。
私の記憶が確かなら、最後の来日は2009年4月だったはず。
仕事サボってでも会いに行けば良かった。
それから8年…もう待ちくたびれた!

早くまた日本に来てー!!
お願いしますーーー!!!
私がロスに遊びに行くのが早いかRichard来日が早いか…微妙だな🙄

Richardの話題になった流れで、本題へ…
先日、Karenの誕生日に行った音浴博物館で初めて見たRichardのソロEP
【Who Do You Love?】

興奮しすぎてレコード片手に自撮りまでしたこのEP(今更、顔を隠す意味)

手に入れちゃいました🙌

博物館で見た時はこのEPだけは生涯手に入らないだろうな…って思ってたので、発見した時はドキドキが止まらなかった。

ジャケ写から漂う80年代の香り
でもRichardイケメン、足長い😍
「ヤバイ、お兄ちゃんのソロ曲やん」って大興奮で喋ってたな…いつまで経っても「お兄ちゃん」って呼んでしまう。


裏面
【見本盤】【非売品】この言葉に弱い。

知ってのとおり、家にはレコードプレイヤーがないため観賞用。
スピーカースタンドを先に買うかレコードプレイヤーとスピーカーを買うか迷ってる。
どっちを先に買ってもいいようにスペースだけは確保してあるけど(笑)

大切な1枚。
大事に扱おう。


インスタfollow me→leadsister302

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2017. 03. 15. (Wed) 20:17  [Richardコメント:0  トラックバック:0

An old-fashioned Christmas 



インスタでダラダラと語り出しそうだったのでこちらで✏


1996年発売のカーペンターズのクリスマスアルバム2枚をセットにした【Christmas collection】
発売当時はまだ高校生だったので、誕生日かクリスマスプレゼントにでも買ってもらったのかな?
そのあたり記憶曖昧。

このコレクションアルバムには1978年発売のカーペンターズ初の【Christmas Portrait】とカレン亡き後の1984年に発売された【an old-fashioned Christmas】の2枚がセットになってます。
今もこれ売ってるのかな?
てかこれ買ったの20年前…

高校生の頃はKaren史上主義だったからとりあえず、Karenの歌声さえ聴ければOKみたいな所もあり、こちらのコレクションアルバムも1枚目の【Christmas Portrait】ばかりを再生してたし、Richardのアレンジに目覚めてからもなぜかPortraitの方ばかりという、食べず嫌いならぬ聞かず嫌いでした。

でもせっかくクリスマスだし、今朝編集したブログにも書いたし聴いてみようかな~と思い、再生した所、今まで聞かず嫌いだった事を後悔。


最初のメドレー部分のメインボーカルはRichardだけなので少しの寂しさを感じてしまうのは否めないし、An old-fashioned Christmasでも思わずKarenの声を待ってしまい、改めていないんだな…というのを実感し寂しい気持ちになってしまい、しんみりしたままO Holy Night(このRichardピアノソロは必聴)からの、Home For The HolidaysでKarenの歌声が聞こえてきた時の安心感。

なんか、「お待たせ!」みたいな。
明るいKarenの声が本当に嬉しい。

ここからのメドレー。
オーケストラとRichardのピアノ演奏。
Richardの横に座り、ニコニコしながらピアノの鍵盤を見つめるKarenを想像そながら聴いてみたり、慣れ親しんだ数々のクリスマスソングもRichardのアレンジに掛かると一気にカーペンターズサウンドへと早変わり。

メドレーが終わるとKarenの歌声へと。
前作のクリスマスアルバム時にレコーディングされた曲が収録されてますが、77~78年頃のKarenの歌声は声に厚みもあり休止前とはまた違った素晴らしさがあって、個人的には一番好きな時期。

My favorite thingsではRichardのピアノソロを傾聴。
目を閉じて、鍵盤の上を素早く動くRichardの指を想像するだけで楽しい。

Richardのピアノ演奏とKarenの歌が交互に来て、お馴染みの曲【サンタが街にやってくる】
これは初期レコーディングバージョン。
プロデューサーの所を見るとJack Daugerty&Richard Carpenterになっているので。
この曲はアップテンポバージョンがChristmas Portraitの方に収録されていて、聴き比べてみても楽しい1曲です。

What are you doing new year's eve.
何度も言うけど、本当にこの時期のKarenの歌声は重み厚みもあって本当に素晴らしい。

最後から2曲目はクリスマスの定番【くるみ割り人形】から。
オーケストラの演奏にRichardのピアノ演奏が入りると一層豪華になり、ほんのしばらくクラシックのアルバムを聴いてるような感覚に。
オーケストラのアレンジを担当してくださったのは、2人の恩師でもあるピーター・ナイト。

そして最後はKarenの歌声で…。

このアルバムそのままスペシャル番組にしたら面白いんじゃないの?とアルバムをじっくり聴き込んでいくうちに私の頭の中ではイメージが色々出来上がって来てます。

でも実現する事は絶対にない。
とても幸せな気持ちになれるのと同時に寂しくもなる。
でもCDの再生ボタンを押すとKarenはそこにいる。

ステキなクリスマスアルバムをありがとう。

2016. 12. 25. (Sun) 14:54  [Richardコメント:0  トラックバック:0

Supestar 

日にちは忘れたけど、先月の地元新聞の国際欄に小さく記事になっているのを目にして、ふとRichardの事を考えてしまいました。


レオン・ラッセル死去


Supestar
A song for you
This Masquerade

中でもSupestarは私にとって思い出深い1曲。
初めて歌えるようになったカーペンターズの曲。

歌えるようになりたくて必死にサビの部分の英語を何度も繰り返し聞いて、聞いて、聞きまくったおかげで、実は好きから嫌いになってしまった1曲。

Supestarにはもう一つ思い出があって、それはもう完全に黒歴史。
今の今まで忘れてたのにな。
高校生の頃の思考ってどうなってたんだろう🙄笑


また1人、カーペンターズと縁のある方がKarenの所へ。
Karenの所は賑やかになってきたかな?

そろそろ、天国からのソロライブ実現して欲しいよ…。

もちろん、Tonyのギターソロコーナーも入れてね💗笑


こうやって明るく閉めますが、カーペンターズと関係あったミュージシャンや関係者の方が次から次と旅立って行かれるのはやはり寂しいですね。

レオン・ラッセルさんの御冥福をお祈りします。素敵な曲をカーペンターズにありがとうございました。

2016. 12. 11. (Sun) 22:54  [Richardコメント:0  トラックバック:0