≪ 2018. 03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018. 05 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

CARPENTERS〜Vinyl Collection〜11/17発売決定
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337

THE CARPENTERSは49年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
249位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

カッコイイ&カワイイ 

Horizonの白ラベルについていた、ブックレット📖

初見すぎて詳細不明の一冊📖

ブックレット単体で見るとこんな感じ。
普通の雑誌サイズ






中身はこんな感じにインタビュー掲載


カッコイイ🤤💞

この頃のRichardには色気を感じる💦

痩せ始めた頃かな?

カワイイ😆💞

この頃の2人のビジュアル大好き❤️
あー、本当にKarenはこの辺りでストップしてくれてたら良かったのにね😫
こればかりはね…。


アルバムHorizonは後に”血を吐く思いで作った"とRichardが言ってるぐらい、ハードスケジュールの中で作り上げられた1枚。
だからなのか、彼らの精一杯を感じられ、カーペンターズのオリジナルアルバムの集大成とも言える作品だと私は思ってる。

"Goodbye to Love"のギターソロが有名なTonyですが、このアルバムに収録されている"Love Me For What I Am(邦題:愛は木の葉のように)でもメロディアスなギターソロを聴かせてくれてるので、是非!

で、肝心なブックレットのインタビュー内容ですが訳すのめんどくさ過ぎて、まだ読んでません😅💦
でもまだ読んだ事がないインタビューっぽいので、頑張って訳そう。

カーペンターズの音楽を聴いて、カーペンターズの事を考えてる時間は本当に幸せ😌💞💭

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2018. 04. 25. (Wed) 14:22  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

49th Anniversary day~カーペンターズの日~ 



1,2,3,50(Go)

1974年の武道館ライブの後半、オールディーズメドレーに入る時の掛け声

"1,2,3,Go"
を少し捩ってみた🤣

いよいよ、50周年に向けてのカウントダウンスタート🙌
忘れるぐらいなら制定しないで欲しいってメルマガ見て思ったのは秘密🤭

でもA&MのFBでは契約日の事に触れてあったので良かった。
シェアされたページはこちら→FB
そこまでスルーされたらどうしようもなかった…。

49年
Richardにとってはどんな49年間だったのかな?
嬉しいこと、悲しい事どっちが多かった?って愚問かな。
でも聞いてみたいよ。

9年目の"カーペンターズの日"
49年目の"契約記念日"

Richardは何を思うんだろう。

50周年に向けて、いい動きがありますように😌

Richard,Karen💞
49周年、おめでとう😆🎉🎊
これからも大好きです❤️

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村



2018. 04. 22. (Sun) 00:00  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0

Horizon白ラベル 

眠れない時のオークションはとても危険⚠⚠⚠
財布の紐が緩みすぎて(笑)
でも時として、思わぬ出会いがある事が。



レコ活で購入したLP4枚のうちの1枚。
左斜め上にステッカーついてないUSプロモ盤。

目にする機会がなかったようで、Horizonのプロモ盤は初見でした。

中身はこんな感じ


プロモ盤だからなのか、後ろの蓋部分のエンボス加工が触ってもよく分からないレベル

真っ平らじゃないけど、気持ち程度の凸凹

盤はこんな感じ
A面


B面


白ラベル!

届いてクリーニングして再生した瞬間、こんないいレコードが即決価格で売りに出されてて、運良く出会えた私ってなんてラッキーなんだろうって思ったぐらい、バカ耳の持ち主でも分かるぐらい音がクリアで、白ラベルが時々いい値段で取引されてるのが分かった瞬間でした。

RichardのキーボードもKarenのボーカルとドラムスも、Tonyのギターも、全ての音がクリアで、マト番は2/3で両面ともマト1じゃないけどレコード盤1つでここまで違いが出るんだな~と感慨深かった。

白ラベルに出会えてもその時の金銭事情で手が出せなかったりするけど、これからも出会いがあれば手に入れたいな。

付属品のブックレットに関しては次回📝

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村



2018. 04. 17. (Tue) 09:55  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0