FC2ブログ
≪ 2018. 08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018. 10 ≫

プロフィール

ToMoKo

Author:ToMoKo
1995年放映のドラマ【未成年】以来のカーペンターズファンです。
リバイバルブームからのファン。
一時期Jヲタやってましたが、2016年再びカーペンターズに戻って来ました。
いろいろな視点からカーペンターズの魅力をお伝えしていけたらなと思ってます♪
Tony Peluso個人のファンでもあるので時々、Tonyについても語ってます。

初めましての方、カーペンターズファンの方、ゲストブックにどうぞ♪

メッセージボード

シングルス1969~1973【MQA/UHQCD】6/20発売予定
シングルス1969~1973
シングルス1969~1973
posted with amazlet at 18.06.06
カーペンターズ
ユニバーサル ミュージック (2018-06-20)
売り上げランキング: 33,164

CARPENTERS〜Vinyl Collection発売中
Vinyl Collection [Analog]
Vinyl Collection [Analog]
posted with amazlet at 17.10.16
Carpenters
A&M (2017-11-17)
売り上げランキング: 2,337


THE CARPENTERSは49年目も進行形です。2019年デビュー50周年を迎えます。
2010ハリウッドボウルの殿堂入り(hollywood bowl hall of fame)にTHE CARPENTERS選ばれました。

I Love Tony Peluso. His guitar sound is forever.

カテゴリ

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

月別アーカイブ

リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
318位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

最新コメント

フリーエリア

Timeless THE CARPENTERS
バナー作ってみました。



Click for ロサンゼルス, California Forecast Click for Thousand Oaks, California Forecast free counters Locations of visitors to this page

RSSリンクの表示

QRコード

QR

完成間近? 



Richard、インスタ更新🙌
通知くるの遅すぎて、コメントもイイネも出遅れてしまった😫💦
おまけにコメントも絵文字が上手く使えず、変になっちゃったし😢

いよいよ、アルバム完成かな?
あれだけ、早くアルバム!新曲!何年待ってると思ってるのよ~!って騒いでたくせにいざ完成間近になると怖くなってきている。

もしかしたらこれが最後のアルバムになるのかな?とか、このアルバム終わったらまたしばらく会えないのかな?とか…。
なんとも言えない不思議な感情。

でもまだ始まってもいない事を考えて不安になるよりも、これから始まるであろう新しいアルバムと50周年の事を考えてワクワクする方が楽しいはず!

次の更新はアルバム完成のお知らせかな?
楽しみに待ってようっと❤️

I keep my fingers crossed for you✨

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2018. 09. 16. (Sun) 19:22  [Richardコメント:0  トラックバック:0

お仕事お疲れ様😌🍀 




Richardインスタ更新💞
元気そうで良かった🙌

ロンドンから帰って来てインスタ更新なくて寂しかったけど、ずっと仕事だったみたいで、お疲れ様です。
久しぶりのお休みに大好きな車で気分転換出来てたらいいな。

ゆっくり休息して、ステキなアルバムを作ってね❤️
何十年も待ったからもう少しだけ頑張って待つね😜


にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2018. 09. 10. (Mon) 12:30  [Richardコメント:0  トラックバック:0

宝の持ち腐れ 



昨夜インスタにも上げたけど、ブログでも✍
これだけはどぉぉぉぉぉしても譲れなかった1枚!

Goodbye to loveのプロモ盤✨
STEREO/MONO

モノクロ用の針持ってないけど…どうしても欲しかった!
大好きな曲というか、大好きなギターの曲。
無事に手元に届き、両面とも無事に再生。
外袋(ビニール袋)がないのだけが難点💦

今でこそ珍しくない曲の間奏や後奏部分にギターを持ってきて、曲を一気に盛り上げる手法。
当時はまだまだ珍しくて、ポップス界においてはこの手法をいち早く取り上げたのがカーペンターズ。
カーペンターズには初めての事が色々あるけど、Goodbye~のギターもその1つ。

今までの楽曲とガラリと変わってしまったから、当時は批判的な意見がたくさんあったみたいだけど、この曲が出来たからこそ今後のカーペンターズサウンドが大きく展開して行ったのではないかと私は思ってる。

John Bettis/Richard Carpenterの黄金コンビの作品。
ちなみに最初の2行のみRichard作詞✏️

"インターミッションみたいな下世話な歌詞しか書けないから作詞はJohnに任せてた"みたいな事をRichardはインタビューで言ってたけど、デビュー前の初期曲は作詞作曲がRichardだったし、Richardが書く歌詞はストレートに伝わってくるから私は好き。
これいつか絶対、本人に伝えるって決めてる☺️

最近、インスタ更新してくれなくて寂しい😢
新しいアルバムの準備が忙しいのかな?
アルバムの進み具合見たいよ~😍

しかしこれ、ちゃんとしたモノクロ用の針で聴いてみたい💞
どうすればいいんだろう🙄
まさに宝の持ち腐れ状態(笑)

にほんブログ村 音楽ブログ 1970年代洋楽へ
にほんブログ村
2018. 09. 06. (Thu) 06:32  [CARPENTERSコメント:0  トラックバック:0